オーラの泉 新着記事
オーラの泉 メインメニュー
オーラの泉 過去ログ
体外離脱は、訓練を行うことで誰でも体験することが
可能です。


その訓練をするためには、ヘミシンクのCDが必要です。

▼参考リンク:体外離脱
http://spiritual.syuji.com/?eid=203264


このヘミシンクCDがあれば、誰でも体外離脱の訓練を
行うことが可能になります。

以下に、入門用のセットをご紹介しておきます。

【体外離脱に!】日本語版ゲートウェイエキスペリエンス・ウェーブI(CD3枚、ヘミシンクCD)【ヘミシンクショップ】
日本語版ゲートウェイエキスペリエンス・ウェーブI(ヘミシンクCD)


また、多少高額になりますが、本格的なセットも
販売されています。

【体外離脱に!】日本語版ゲートウェイエキスペリエンス第一巻〜六巻(CD18枚、ヘミシンクCD)【ヘミシンクショップ】
日本語版ゲートウェイエキスペリエンス第一巻〜六巻(ヘミシンクCD)


私も購入し、実際に利用しているオンラインショップのため、
安心してご利用ください。
| 体外離脱 | 22:47 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |
この本を読んで衝撃を受けたことは、誰でも訓練次第で
体外離脱が体験できる、ということである。


それまで、体外離脱は生死の境目をさまよった者しか
体験できない、と思っていた。

しかし、坂本政道氏の著書を読み、とても衝撃を受けた。

それは、誰でも訓練次第で体外離脱を体験することができる、
ということである。

この本には、坂本政道氏が日常の生活の中で体外離脱を
体験したこと、モンロー研究所での研究、ヘミシンクに
ついて、などが詳しく書かれている。


○坂本政道とは

坂本政道氏は、ソニーに勤めていた理系エンジニア。

自ら体外離脱を経験したことがきっかけで、その世界の研究に
専念している。

坂本政道氏のように理論的で、優秀な理系の方が体外離脱を
自ら経験し、さらにその世界を研究しているのである。


○モンロー研究所とは

モンロー研究所とは、ロバート・モンロー氏によって、1971年に
米国バージニア州に設立された体外離脱を科学的に研究している
機関。

ロバート・モンロー氏は、40歳頃に突然体外離脱を経験し、
その世界を医学的、心理学的に研究している研究者である。

また、余談ではあるが、テレビの透視能力で行方不明者を探す
番組に出てくる、アメリカの超能力FBI捜査官、ジョー・
マクモニーグル氏は、ロバート・モンロー氏の義理の息子である。


○ヘミシンクとは

左右の耳で異なる周波数の音を聴く、という特殊な音響技術。

異なる周波数の音を聴くことで、第三の音であるバイノーラル・
ビートという音が脳の中で作り出されることは、音響技術者の
間では周知の事実であった。

それをモンロー氏独自の技術と生理学的データ組み合わせ、
解析して作り出された音。

この音を聴くことで、脳波は深い瞑想と同じ状態になる。


○誰でも訓練次第で体外離脱は体験できる

一般の人でも、モンロー研究所へ申し込みを行えば、体外離脱の
プログラム(セミナー)を受講することが可能である。

また、日本でも、ヘミシンクのCDや日本語に翻訳された体外離脱
プログラムなどが販売されている。

▼参考リンク:体外離脱を行う方法
http://spiritual.syuji.com/?eid=205250


○決して損はしない

この本には、トータル・セルフ(過去世のすべての自己の集合体)や
ガイドスピリット(指導霊、趣味や職業を指導している霊)など、
「オーラの泉」を見ていれば、興味深い話もたくさん出てくる。

決して読んで損はしない本である。

さらに、以下のリンクから書評(カスタマーレビュー)を読んでいただければ、
そのことが分かるだろう。

「臨死体験」を超える死後体験―米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした!
「臨死体験」を超える死後体験―米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした!


「臨死体験」を超える死後体験II - 死後世界を超えた先は宇宙につながっていた!
「臨死体験」を超える死後体験II - 死後世界を超えた先は宇宙につながっていた!


「臨死体験」を超える死後体験III―宇宙の向こうには、さらに無数の宇宙があった!
「臨死体験」を超える死後体験III―宇宙の向こうには、さらに無数の宇宙があった!

| 体外離脱 | 22:49 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |
私は、死後の世界は存在すると信じている。

まばゆい光、暗いトンネル、亡き人々との再会など、
死の床から奇跡的に蘇った人々は、必ず不思議な体験を
したと証言している。
そして、その証言に国境はない。

その先には、必ず何かが存在している。

立花隆氏の著書を読めば、先の世界を疑い続けることが
難しくなる。

臨死体験〈上〉
臨死体験〈上〉


臨死体験〈下〉
臨死体験〈下〉


証言・臨死体験
証言・臨死体験



もし、この世からいなくなった瞬間に、何もかもが
真っ暗になってなくなってしまう、というのは
あまりにも儚すぎる。

まだ、これから先に新しい世界がある、と思ったほうが
楽しいではないか。
| 体外離脱 | 22:57 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |
| 1/1PAGES |