<< 国生さゆりさん | main | 米良美一さん >>
オーラの泉(2006/05/03放送)に、俳優の
的場浩司さんが出演。


○的場浩司さんのプロフィール

的場 浩司(まとば こうじ)
生年月日:1969年3月28日
出身地:埼玉県上尾市
血液型:A型
趣味:自動車、バイク、スキューバダイビング


○冒頭

結婚してからガラッと変わられたのではないか、
自分でも信じられないくらい変わられた、と
美輪さんがコメント。


○スピリチュアル・チェック

・趣味
 →掃除、洗濯

・常に持ち歩いているもの
 →家族の写真

・なぜか好きで集めてしまうもの
 →龍関係のもの

・とてもリラックスしています、どこにいますか
 →家族一緒のときは家、一人だと海

・よく見る夢
 →あまり夢は覚えていない。
  よく妻に寝ていて怒鳴っていた、と言われる
  →争っている夢を見ているのではないか


○江原さん、美輪さんとの関係

江原さんとは、初めまして。

美輪さんとは、前に番組で共演したことがある。
→緊張していたときに「大丈夫よ」とやさしく声を
 掛けられたのが印象的。


○掃除と洗濯が好き

どちらかと言えば、きれい好き。
掃除、洗濯が楽しくなってきた。
→妻が子育てで大変だったとき、掃除機をかけたら
 ごみを吸い込む音が楽しかったのがきっかけ。
 洗濯物を干す場所も、日当たりなどを計算して、
 干している。
 干して陽が当たり、水蒸気が上がる風景が好き。
 →逆に妻がやっていると、怒ったりする。

男らしい人ほど、神経質できれい好き、
繊細でデリケート、と美輪さんがコメント。

本当にマメ、と江原さんがコメント。
→お子さんの物を拾い歩いて、「腰が痛い」と
 言っているのが見える。


○不思議な体験

昔から霊的なものを感じてしまう性質。
不思議な体験はたくさんある。

京都のホテルで寝ようと思い、目を閉じていたら、
「こっちは大丈夫だ」「こっちは抑えた」という
声が聞こえてきた。
→目を開けたら、小さなおじさんがたくさんいて、
 体を抑えていた。
 ガリバーみたいな状態。
 →一人と目が合ったら、逃げ出したため、
  思わず追いかけた。
  ユニットバスの隙間に逃げたため、開けて
  確かめたら、消えていた。

その後、髪の毛に白や赤の細い糸のようなものが
結び付けられていた。
→時代劇でカツラを担当している人に見せたら、
 私でもこんな風に結べません、と言われた。

自然霊のいたずら、と江原さんがコメント。
京都は自然霊が多い、と美輪さん。


○龍を集める

龍の柄や、龍が彫ってあるものを集めてしまう。
→昔から龍が好き。

なぜ好きなんだろう、と自分なりに考えた。
→龍は東洋では神のような存在、西洋では悪の
 象徴なので、人間に近いのかなと思った。
 →全ての人に好かれる人間はいない。
  自分の思う人間に近いから。

いつも龍が彫られた数珠を持っている。
→お祈りがこもっている、と江原さんがコメント。
 入っちゃった、と美輪さん。
 →的場さんの後ろに龍神さんがいる様子。


○信仰が深い家、奥さんは霊能者

家に神棚、お札、龍の木像、御霊石
(パワーストーン)などを祀っている。

信仰が深い家。
→宗教についてはわからないが、神社・仏閣が好き。

奥さんは霊能者、と江原さんがコメント。
→この人の言うことは正しい、と的場さんが
 読心している。
 意見が別れても、結果的には奥さんの
 言っていることが正しい。


子供は神様から授かったもの、と本当に思っている。
生まれるときに危うかった。
→出てくるときに、へその緒が首に巻き付いてしまい、
 危なかった。
 →無事に生まれてきただけで感謝している。
  とにかく元気でいて欲しい、と思っている。

奥さんと子供で180度人生が変わった。
結婚が転機。
→それまでは、言うに言えない孤独な精神的
 苦労をしてきた。
 気持ちを裏切られることがずっと続いていたが、
 正負の法則で倍の幸せを授かった。
 結婚してから、180度人生が変わった。

昔、家庭でのごちゃごちゃがあり、父と母に逆らった。
でも、結婚後は考え方が変わった。
→結婚後は父と母に感謝している。
 結婚して子供が生まれてから、実は自分は
 父と母から本当に愛されていた、と気付いた。
 →肌身の愛情が欲しかった。
  気持ちを汲んで欲しかった。

前は自分の関係の無い些細なことでも、自分の神経に
引っかかると、誰にでもつっかかっていた。
→今は何とも思わない。


○オーラの色

非常に強い感性を持っている、と江原さんがコメント。

針のように金のオーラが出ている。
紫のオーラも強い。
結婚後にずいぶん変わられた。

金のオーラは、英知。
紫のオーラは、情愛。


○守護霊

守護霊よりも、ガイドスピリットという指導霊
(趣味や職業を指導する霊)の影響が強い、と
江原さんがコメント。

指導霊は行者さん(陰陽師のような人)。
→ゆかりの地のため、どうしても京都に縁ができる。

今までの人生は、修行だったと思える。
→自分の意識の中で、起きたことに対して全て
 後悔したくない。
 全てが自分形成にプラスになっていく。

自然な環境に移って暮らしたいという願望があるが、
指導霊はまだ早い、とおっしゃっている。
→何年か前から沖縄に住みたい、と妻に言っていた。


○前世

たくさんの再生(生まれ変わり)をしている、と
江原さんがコメント。
→前世がたくさんある。
 →経験がたくさんあるため、器用で何でも出来る人。


一つ前の前世は、指導霊の行者さん(陰陽師)。


それよりも前は、池のほとりで暮らし、竜神さんを
信仰していた女性。
龍神池で水を汲み、山を駆け回り、病気の人々を
助けていた。
→龍神さんの縁、海が好きな理由。


すごく古い時代は、西洋の鎧、甲冑(鎖帷子)の戦士。
争いで家族を失い、ものすごい悲しみ。
あの世に早く行きたいために戦っていた。
しかし、長生きをしている。
→口論や争いが嫌い。
 絶対に家族や仲間を守るという意識が強い。
 芝居の立ち回りの稽古は好き。
 →遺伝子にインプットされている。
  魂の経験が個性に表れる。


○奥さんと子供

奥様が安心、と美輪さんがコメント。
→的場さんは愛情深く、浮気の心配が無い。
 自分が裏切られても、裏切ることはしない。
 妻と子供を愛している。
 子供に関しては、悲しいニュースを聞いた
 だけで怒る。

奥さんの守護霊は高僧、と江原さんがコメント。
→奥さんは強い人、テコでも動かない人。


長女の名前は、ティアラ(冠の意)。
妻が名付けた名前。
→子供は両親に会いたくて生まれてきた。
 前世で生んだ子供でもある。
 事情があり、自分の子供と名乗ることが
 できなかった。


○恩返し

母方の祖父母に育てられていた時期があり、
恩返しをしたい。
恩返しをする前に亡くなってしまった。
→偏食をしないこと、と江原さんがコメント。
 同じ物ばかりを食べていたため、祖父母は
 何とか別の物を食べさせようと、とても苦労を
 していた。
 →好き嫌いをしない、それが一番の恩返し。


的場さんは、月に一回はお墓参りに行っていた。
去年の夏から、仕事で忙しく行けなくなってしまった。
今年のお正月に行き、お墓を洗い、きれいにした。

祖父母はお墓のことはそんなに言わなくて良い、と
おっしゃっている。
→いつも気に病んでいるが、家族を守ることに
 時間を作りなさい。
 時々思ってくれるだけで十分、とおっしゃっている。

思えば霊界に届く、行ったことになる、と美輪さんが
コメント。

おばあちゃんが洗濯物を干しているのを一緒に
見ていた、と江原さんがコメント。
→どこかに思い出があり、洗濯物が好きになっている。


※次回のゲストは、羽田美智子さんです。
| オーラの泉/2006 | 16:51 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |