<< 菅野美穂さん | main | 南野陽子さん >>
オーラの泉(2006/05/17放送)に、タレント・歌手の
研ナオコさんが出演。


○研ナオコさんのプロフィール

研 ナオコ(けん なおこ)
本名:野口 なを子
旧姓:浅田
生年月日:1953年7月7日
出身地:静岡県
血液型:A型

1970年、歌手を目指して上京。
1971年、「大都会のやさぐれ女」でデビュー。
1976年、NHK紅白歌合戦に初出場。
1982年、「夏をあきらめて」で、日本レコード大賞金賞を受賞。
1987年、野口典夫 さんと結婚。
同年、長男・倹太君が誕生。
1989年、長女・ひとみちゃんが誕生。


○冒頭

この人の歌が大好き、と美輪さんがコメント。
ヘレン・メリルのように力が入っていないが上手い。
コンサートも一緒にやった。
旦那さんがすごくハンサムで良い人。

ほんとに優しい方、と江原さんがコメント。
奥底まで心配して言ってくれる。
上辺だけの付き合いではなく、中身まで入ってくれる。


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃、なりたかった職業
 →歌手

・毎日欠かさずにすること
 →題目(南無妙法連華経)を上げる

・生まれ変わるなら何になりたい
 →江原さんや美輪さんのようになりたい
  色々な方たちの手助けが出来ればいいなと思う

・最近、いちばん驚いたこと
 →猫がしゃべる

・よく見る夢
 →最近は見ないが以前は、きれいなお花畑を走っていて、
  ドアを開けるとまたお花畑が続いている夢

・今の生活から無くなったら困るもの
 →空気、太陽と時間が分かるもの


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、5年前から親しくさせていただている。
→イエローモンキーのコンサートで一緒になったのが
 きっかけ。
 楽屋でボーカルの吉井和哉さんとも一緒になり、
 面白かった。
 コンサートを見たのは一番後ろの席だったが、
 入った瞬間、合図もしないのになぜか5万人の観客が
 一斉に振り返った。

美輪さんは野暮ったい人は苦手だが、研さんは
スタイリッシュで都会的な人。
→服装など無駄なお洒落はしないが洗練されている。
 シンプルが好き。
 今日は、美輪さんからいただいたイヤリングをしている。
 特別なときにしか身に付けない。


江原さんとは、劇場で一緒になったことがある。

江原さんや美輪さんのようになりたいため、お役に
立ちたいと思い行動をしているが、それが本当に
お役に立てているかは分からない。
→世の中には偶然は無いと思う。
 子供もその親から生まれたくて、生まれてきていると
 思える。


○猫がしゃべった

昼間、ソファで寝ていたら「それ私の」という声が聞こえた。
→目を開けたら、誰もいないが猫がこっちを見ていた。
 猫はいつもソファで寝ていた。

子供がアレルギーのため、寝室に猫が入れないように柵を
してある。
→「開けてよ」という声が聞こえた。
 主人もその声を聞いたことがある。

音として聞いたかどうかは別、と江原さんがコメント。
→テレパシーの会話、以心伝心で聞こえることはよくある。

研さんは歩いているだけで、どこからともなく野良猫が
集まってくる。
フジ子・ヘミングさんも同じことができる。
 同じ波動を持っている。

動物はみんなオーラを見ていて、オーラでその人の心の中を
判断している。
→霊的な能力も持っているため、霊がいる所をじっと見ている。
 今日は嫌なものを背負っちゃった、と思って帰ると、ペットに
 じっと見つめられる。
 また、後ろのものに吠えたりする。

美輪さんがドーベルマンの話。
→飼い主だろうとお客さんだろうと、来てから帰るまで
 吠え続ける犬がいた。
 美輪さんが行ったら、帰るまで一度も吠えなかった。
 帰り際にあいさつをしたら、おおきなしっぽを振っていた。
 →愛してくれているのが分かるから。

身代わりにもなる、江原さんがコメント。
→かわいそうだが、愛する人の身代わりになってくれる。


○お花畑の夢

ドアを開けても開けてもきれいなお花畑が続く夢。
→体調があまり良くないときに見ていた。

何度も死にかけている、と江原さんがコメント。
→病気などではなく、色々な人の念を背負ってしまう。
 優しいため、掃除機みたいに吸い取っている。
 それが付着すると、重みに耐えられない。
 →夢はあの世に行きかけていることを表している。
  →行くことを阻んでいる人はちゃんといる。


○霊感

研さんは霊感が強い人。
→入った瞬間、気になるところが分かる。
 成仏できていないんだろうな、と思う。
 かわいそう、と思うと背負うことが分かる。

御題目で霊を祓える人、と美輪さんがコメント。
→南無阿弥陀仏、南無妙法連華経など祓い言葉は
 いろいろあるが、今まで経験をしてきた中では、
 南無妙法連華経が一番強い。
 →法華経=観音行は、霊を祓ったり、成仏させたり
  するのに一番強い。

御題目
→日蓮宗で唱える法華経の題目。
 南無妙法連華経の七字。

祓い言葉
→観音行。

研さんは、何かまずい、と感じると御題目を唱えている。


頭痛持ち、と美輪さんがコメント。
→霊を背負ったと思うと、頭が痛くなってくる。

霊の入り口は首の後ろの付け根、と江原さんがコメント。
→そのため、頭が痛くなる。


話は違うが、この番組を始めてから、家に訪ねて来て
相談するのは非常識、と美輪さんがコメント。
→申し訳ないが、家ではどなたとも会わない。

美輪さんのコンサートを見るのが一番、と研さんがコメント。
→汚れたものが全部きれいになる。


○オーラの色

とっても美しい紫のオーラ。
緑も強い。

紫のオーラは、情愛が強い。
緑のオーラは、平和主義。

少し弱気があり、優しさを超えている。
→霊を集めてしまう要因。
 →強さに変えていくように。


○守護霊

すっごくユニーク、と江原さんがコメント。

補助霊が二人いる。
→守護霊を手伝う役目の霊魂。

母方の血縁にあたる恰幅のいいおばあさんが二人。
→トラとセツという名前。
 すごく似ているが双子では無い。
 仏教信仰をしていて、御題目を上げている。


たくさんの童子に囲まれている、と江原さんがコメント。
→不動明王(お不動様)の前には、使いとして修行を助ける
 こんがら童子やせいたか童子などの神様がいる。
 →研さんを守ってきている。


○前世

エジプトの巫女。
→前世であり守護霊。
 前世から神の使いをしている。

美輪さんからいただいて、今日付けているイヤリングは
大きな金のイヤリング。
→前世でも同じようなイヤリングをしている。

大きくて美しく、香りを出す葉に囲まれている。
→お線香の代わり。

そのときから、動物との関わりが深い。
→周りに猫がたくさんいる。


エジプトはものすごく気になっていたところ、と
研さんがコメント。
→エジプトへはとにかく行きたい。
 映像で見ただけで、行きたいと思っていた。

前世では、太陽・太陽神ラーを拝んでいた。
→研さんは太陽を見ると落ち着き、太陽を拝んでいる。
 無くなると困るものは太陽、という要因。


○ご主人は恩人

ご主人は恩人、と江原さんがコメント。
→前世では、立場の関係で添うことができなかった恋仲。
 心が通い合っていた。
 →研もそうだと思っていた。
  また助けられていると感じている。

ご主人は人との絡みを整理してくて、守ってくれている。
→誠意があり、すごく優しい人、裏を返しても表を返しても、
 上から見ても下から見ても良い人。
 →中身はしっかりしている。
  いざとなっとら、しっかり守ってくれる。

辛いことがあっても、愚痴をこぼさない人。
→研さんは、自分がされたことは耐えしのぐことができるが、
 身内がやられたら黙っていない性格のため。


○音楽の才能

音楽の才能は前世の巫女から。
研さんはダンスも好き。
→巫女は音楽的な要素がすごく強い。
 神事と芸術は一つ。

アメノウズメノミコト、と美輪さんがコメント。
→天岩戸に隠れたアマテラスを踊りで誘い出した女神。
 芸能の神様。
 →古代エジプトでは、男性は男性の神、女性は女性の神に
  使えた時代があった。
  女神を讃える歌や踊りは、女性の神官の役割。
  そこから歌い手という職業は生まれた。


○愛犬

亡くなった愛犬が側にいる。
→吐くまで食べるように、食べ物に卑しい犬だった。
 今もテレパシーで食べ物をくれ、と言っている。

心の優しい人は動物に囲まれる。


○母親

お母さんがじっと研さんを見つめている、と江原さんが
コメント。
→母親(現在83歳)の想念。
 母親には心配をかけっぱなし。
 →子供を心配するのが親の生きがい。


目を病んでいる男性は何なんだろう、と美輪さんがコメント。
→父方の身内の男性。
 あまり良い人生の方ではないため、思いが暗い。
 研さんが時々日本酒を飲みたくなるのは、この男性の
 俺のことを分かってくれ、という想い。
 →名前に「武」という文字が付く人。
  →調べて存在を知ってあげれば成仏できる。
   →その人が成仏すると、お母さん自信の気持ちも
    軽くなる。
    母方は憑依体質の家系。


母は、研さんのことに関して、全部自分が悪いと思う。
→最期まで見届けたい、という執着的な深い愛情。

命を懸けて産んだ、と言われたことがある。
→双子の兄のうち一人が生まれてすぐに亡くなり、
 身体が駄目になっていた。
 研さんが産まれるときに、お医者さんから自分の命を
 とるか子供の命をとるかと言われ、産みます、と答えた。
 →それなのに、あまり親孝行をしていない。


芸能界で生き続けていられて、素敵な旦那さんとお子さんに
恵まれて、何の不足があるのか、と美輪さんがコメント。
→不足といえば、百の実力があるのに、自分で二十か三十の
 実力しかないと思い込んでいること。
 →ある日突然、自信を持ったりとムラがある。
  →それをコンスタントに安定した状態に持って
   いくことが大事。

私はそれ程の人間じゃないから、といつも思ってしまう。
→自分に対して申し訳ない。
 自分くらい自分の味方になってあげること。
 →自分で自分を認めてあげずに、誰が認めるのか。
  世の中に誰も味方がいなくても、自分で自分を信じ、
  自分が味方になってあげないと、自分が立つ瀬が無い。
  →そうしないと自分がかわいそう。

他の人のことは何も分からない。
自分のことは分かる。
誰でもそうである。
→天は自ら助く者を助く。
 →自分で自分を救わなくては、誰も救ってくれない。


○人生の転機

美輪さんが研さんと一緒にコンサートをやったのは、
そのことに気付いて欲しかったから。
→しっとりとした歌が多いため、そうではなく、
 これからは都会的な歌、洒落た歌などのレパートリーを
 増やすこと。
 また、動ける人なので動く(踊る)こと。


最初から亡くなった女性が憑いていたが、離れた、と
江原さんがコメント。
→自信を無くす要因。
 最近のどの調子が悪かったが、これからは楽になる。

転機としてこの番組に来たのが分かるでしょ、と
江原さんがコメント。
→これからの活躍が楽しみ。
 一番大きなテーマは自信。


次回のゲストは、佐々木蔵之介さんです。
| オーラの泉/2006 | 15:59 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |