<< tetsuさん | main | さしのみ >>
オーラの泉(2006/07/05放送)に、大相撲力士の
千代大海さんが出演。


○千代大海さんのプロフィール

千代大海 龍二(ちよたいかい りゅうじ)
本名:廣嶋 龍二(ひろしま りゅうじ)
生年月日:1976年4月29日
出身地:北海道千歳市生まれ、鹿児島県大分市育ち
血液型:?

九重部屋所属。
1992年、初土俵。
1999年、幕内初優勝、新大関。
2002年、2度目の優勝。
2003年、3度目の優勝。


○冒頭

国分さんが夢に美輪さんが出てきた、とコメント。
→美輪さんが大きなスケルトンのキャンピングカーに乗っていて、
 国分さんはその後ろの車を運転していた。
 美輪さんの車に横付けをして飛び乗ったら、私は忙しいの、と
 言っていなくなった。
 →思いぐせの夢、と江原さん。


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃、どんな子供だったか
 →特別な子供だと思っていた

・元気になるために行く場所
 →神社、海

・好きな女性のタイプ
 →優しくて、かわいい子

・不思議な体験
 →初めてお父さんの墓参りに行ったとき、不思議な風が吹いた

・人生最大の転機
 →九重部屋に入門したこと


○江原さん、美輪さんとの関係

江原さんとは、初めまして。
→自分の中では、神様的な存在。


美輪さんとは、初めまして。
→初めて会ったときは周りが見えなく、美輪さんしか
 見えなかった。


○他の子とは違うと思っていた

4〜5歳の頃に体重が50kg近くあり、運動神経が良かった。
→みんなとは違う考えを持っていて、マセていた。
 大人の考えていることが分かった。

中学時代はやんちゃだったが、いじめはしなかった。
→十二単という珍走団をやっていた。

今は逆に無邪気な方、と江原さんがコメント。
→漫画が見える。
 →漫画はよく読む、と千代大海さん。


相撲を始めたきっかけは、息子を相撲取りにさせることが
母親の夢だったため。
→非行に走っていたため、相撲はやらないと言っていたが、
 母は心中を決意していて泣いていた。
 →初めて見た母の涙だったため、真剣に話すようになり、
  3年我慢して十両に上がらなかったら、自分の好きなことを
  やらせてくれ、と言った。
  →母親は本気だったため、親孝行をしようと思った。

九重親方(千代の富士)に会いに行ったとき、今までは誰と目を
合わせても怖くなかったが、蛇に睨まれた蛙のようになった。
→髪型はリーゼント、服装は作業服で行ったため、すごい頭だな、
 親孝行をしたいなら剃ってこい、と言われた。

すぐに頭を剃り、次の日に母親と出直した。
→部屋に預けて母親が帰るとき、母親は一度も振り返らなかった。
 →ここから始まると思い、自分が変われた。

入門後は自由が無い生活であり、洗濯、買出しなどの雑用を
やらされた。
→先輩にいつまでこんなことを続けるのか、と聞いたら
 相撲で勝って番付表が上がっていけば立場は逆になる、と
 言われた。
 →実力の世界は自分に最適だと思い、2年3ヶ月後には、
  先輩に鞄を持たせていた。


○神社と海

元気になりたい時は、神社か海に行く。

昼間は神社に行き、集中しながら良い気をもらっている
感じがする。
→石や自然のものを触り、力をください、とお願いをする。

夜は海に行く。
→相撲に負けて気分を変えたいときは、海を見つめながら
 その気持ちを捨てる。

千代大海、という名前にも海が入っている。
→母親が付けた名前。
 →千代の富士の千代と、北海道生まれ大分育ちのため、
  北海道の海と、大分の大を付けた。
  →名前をもらったときは、しっくりきた。

本名が龍二であり、龍が大元にある感じ、と美輪さん。


○不思議な体験

初めて父親の墓参りに行ったとき、不思議な風が吹いた。

5歳の時に両親が離婚したため、父親と離別、その2年後に他界。

大関になり26歳の頃に初めて、父親の墓参りに行った。
→角番で大怪我をしていたため、父親にお願いをする気持ちで
 行った。
 →自分と友達とお墓を管理している方の3人で手を合わせて
  いるときに、足元から風が吹いてきて、父親が呼びかけて
  くれている風だと思った。
  →3人ともその風に気付き、周りを見たが風は吹いて
   いなかった。
   →拝むのが終わるまで、ずっと風が吹いていた。
    →一週間後、怪我をしたまま角番優勝をした。

お父さんの力、呼ばれて行った、と江原さんがコメント。
→お父さんはずっと前から、怪我を助けてきている。
 回復が早いのも、お父さんのお陰。
 →俺は骨になるんだ、支えるんだ、とお父さんは言っている。

お父さんは生前、手の付けられない、言うことを聞かない人だった。
→息子を通して、共に人生の巻き返しをしている。


○前世

力士。
→実力はあったが、果たしきれなかった思いがあるため、
 今世でもう一度力士になっている。
 →頼み込んで生まれてきている。
  身体も選んで生まれてきている。
  →お母さんはそれを感じ取っている。

基本は優しい性格だが、エネルギーを持て余している。
→つまらないと暴れたくなってしまうが、悪気は全く無い。

神社が好きなのは、相撲は神事、奉納の儀式だったため。
→岩を持ち上げているのが見える、と江原さん。
 →力自慢。

天手力男(あめのたぢからお)という神様に対して、拝んでいる
姿も見える。
→天照大神が隠れた天岩屋戸の扉を開いた、手の力の強い神。

前世の導きは、龍神。
→竜の子、という文字が見える、と江原さん。
 →支配霊(コントロールスピリット)は、運命をコントロール
  している霊魂。


闘志が湧かない組み合わせだと負ける。
→燃える相手と燃えない相手が分かれて、全く別人のように弱く
 なってしまう。
 →母親や取り組みを見ている人にも分かってしまう。

挑む心が無いと戦えない。
→誰かに押される感じでスイッチが入り、燃えるときがある。


文筆や読み書きをやらせても、ある程度のところまで行った、と
美輪さんがコメント。
→きれいなもの、デリケートで美しいものが好き。


前世では、親が病気だったため、志半ばで他の道へ行っている。
お父さんは前世でも父親だった。
→お父さんは前世のこともあり、今は自己反省をしている。
 →少しでも役に立ちたい、という思いが強い。


○守護霊

お坊さん。
→前世で導かれていて、関わりのある人。

行き詰ると、お坊さんや神主さんや親方に言葉をもらいに
行っている。
→扇子に言葉を書いてもらい、教訓にしている。


親方の念、と江原さんがコメント。
→親方がすごく念を送ってくれている。
 →ほとんどコミュニケーションが無いが、思ってくれている、と
  意識をするとものすごく力が出る。
  →百の言葉より無言の心、と美輪さんがコメント。

最後に塩を投げるときは、千代の富士の真似をして、力を貸して
ください、という思いで投げている。


○オーラの色

オーラの色で一番大きいのは、紫。
→紫色のオーラは、情愛。


○守護霊からのメッセージ

守護霊さんは、これからが勝負、とおっしゃっている。
→ここまでやってきた、という満足感があることを叱っている。
 →これからは年齢的プレッシャーがあるため、一戦一戦を
  大事にしていくことになる、これからが本番、決して
  満足してはいけない、そのために生まれてきた、と
  おっしゃっている。

自分の中で、体力的なことや、闘志が湧かない自分がいる。
→他人任せ、運任せで自分が弱くなっている。
 大関を維持しているが、横綱になるためのリーチをかける
 ところまで行けていない。
 →現実から一歩逃げている。

紫のオーラではなく、赤のオーラが欲しい、と江原さん。
→土俵に上がる喜びを感じなくてはいけない。
 一つ一つを無駄にしてはいけない。
 →運は自分で作るもの。

千代の富士、お父さん、自分の3人で相撲を取っている、と
美輪さん。
→今までだらけていた自分が申し訳ない、と千代大海さん。


○女性関係

結婚を考えているが、女性関係はまだ先、と美輪さん。
→勝負の時期に入っている、横綱への道の幕が上がっている、と
 江原さん。

今まで少しだらけていた、と江原さん。
→部屋の中では上に上がっているし、社交などでも役目を果たして
 いるため、自己満足をしている。
 →大きなため息をつき、申し訳ございません、と千代大海さん。

記念品集めに入っている、と江原さん。
→家財などを買い集めている。
 →終わる準備はまだ先。


ここぞ、という時に怪我などのアクシデントが起きる、と
美輪さん。
→わざと、と江原さん。
 →そうしないと頑張らないから。
  →アクシデントも導き。
   →そういった時のほうが成績が良い。

順調に行っていると、必ず落とし穴がある。
→女性に走ると週刊誌に載ったりする。
 →そこで引き締めないといけない。


せっかくなんだから果たしてください、拝み倒して生まれて
きたんですから、なかなか生まれてこないですよ、と江原さん。

受け難き人身を得て、と美輪さん。
→人間として生まれてくるためには、あらゆる手続きや条件が
 あり、とても大変。
 →それでも許可されないで、生まれてこれない場合もある。
  →生まれてきたことは、とてもありがたいこと。


次回のゲストは、細川たかしさんです。
| オーラの泉/2005 | 15:52 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |