<< 山咲トオルさん | main | 渡辺美里さん >>
オーラの泉(2006/07/12放送)に、演歌歌手の
細川たかしさんが出演。


○細川たかしさんのプロフィール

細川 たかし(ほそかわ たかし)
本名:細川 貴志
生年月日:1950年6月15日
出身地:北海道後志管内真狩村
血液型:A型

1975年4月1日、「心のこり」でデビュー。


○スピリチュアル・チェック

・生まれ変わるなら何になりたい
 →歌手

・この世からなくなると困るもの
 →家族、テレビ

・一番悲しかったこと
 →母を亡くしたこと

・最近、どんなことで腹が立ったか
 →腹は立たない、ケンカをしたこともない

・人生の転機
 →「欽どこ」に出演し、演歌界を明るくしたこと


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、デビューした頃に一緒に仕事をしたことがある。

江原さんとは、初めまして。


○家族

結婚して35年経つ。
→奥さんとは、デビュー前に北海道で出会った。
 昭和49年に子供が生まれた。

デビューは昭和50年、24歳のとき。
→デビュー前は、16歳のときからクラブ歌手をやっていた。
 北海道でスカウトされ、24歳で東京に出てきた。
 →奥さんは、人生は一度だから勝負したほうがいい、と
  反対はしなかった。

1年で売れなかったら、北海道に帰るつもりで東京に
単身赴任で出てきた。
→運が良くデビュー曲がヒットした。

テレビに出たい、と一点だけ注文したことがある。
→売れても売れなくても、テレビに出れば北海道に帰ったときに
 話ができるため。


○人生の転機

人生の転機は「欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)」に
出演し、萩本欽一さんに出会ったこと。
→昭和56年の春に「8時だヨ!全員集合」の生放送中にアキレス腱を
 切ってしまい、3ヶ月間休養し、テレビの仕事がなかった。
 →秋に「欽どこ」に出演し、結構ウケた。
  →久々のテレビ出演だったため、欽ちゃんにテレビって
   いいですね、今は暇なんですよ、と言ったら、
   来週もおいでよ、と言われた。

「欽どこ」に出演しているうちに、歌い手だから歌を出そう、
ということになり「北酒場」を出すことになった。
→すぐに「欽どこ」で歌うことになり、歌詞を覚えていなかった
 ため、カンペを用意してもらった。
 →本番では照明が暗くなり、スポットライトだけだったため、
  カンペが見えなくなり、歌詞を覚えていません、と謝ったら
  客が大ウケした。
  →「北酒場」は大ヒットした。


○魂の目的

魂の目的が明確、と江原さんがコメント。
→怪我や歌詞を忘れたことも災いではない。
 →禍転じて福となす、怪我の功名。
  →あの世は演出家。

母からのメッセージ。
→車に注意しろ、車のことが昔から心配、歌い手だから首を
 とにかく痛めてはいけない、とお母さんがおっしゃっている、
 と江原さん。
 →細川さんは、デビュー前に事故をしている。
  →怪我はあまりしなかったが、首がむちうちになった。
   →お母さんは事故の印象が強烈に残っているため。

お母さんはとても苦労しているが、一度たりとも子供のことで
苦労と思ったことがない。
→子供を持ったことを今でも感謝している。
 →何もしてあげられないが、心配だけはしてあげられる。

愛、と美輪さんがコメント。
→愛する人間は、やってあげることだけが幸せ。
 →無償の愛、与えることが喜び。

細川さんは7人兄弟で、兄と姉は4〜5歳の頃に亡くなっている。
→姉が亡くなった次の日に細川さんが生まれた。
 →お母さんは喜びと悲しみが一緒にきた。
  →お母さんは今、亡くなった子供とは一緒にいる、と江原さん。
   →お母さんは今は幸せにしている。


屋根の話で笑っている、と江原さんがコメント。
→家の屋根で不自由したね、とお母さんが笑っている。
 →一晩で雪が80cm〜1m積もるため、毎朝、雪下ろしをしていた。

両親は農家のため、朝から晩までずっと畑作業をしていた。
→仕事や子育てなどがとても大変だったが、全く辛いと思って
 いないのは見事、と美輪さんがコメント。

お母さんは、明るく朗らかな人であり、立派な母親。
→細川さんの朗らかさは母親似。
 芯が強いのもお母さん譲り。

お母さんは、テレビに出たことがある。
→一番の自慢はテレビに出たこと、とおっしゃっている。
 →「家族対抗歌合戦」に出たことがある。
  →家族は全員テレビが好き。

家族愛に恵まれている、と美輪さん。
→歌手になり東京に出てきても自由にさせてくれた。
 →いろいろと心配をかけたが、売れたとたんに親孝行できたな、
  と思った。


○オーラの色

オーラの色は、シルバーと赤。

シルバーのオーラは、こだわりが強い、古風。
赤のオーラは、頑固で情熱的。

朗らかであり怒りは無いが、頑固で信念が強い。
→外柔内剛。

心配してくれる方との縁がすごくある。
→どこの地でも、支援してくれる方に恵まれる。
 →全国に行ってもいい人ばかり。
  言われる前に歌い、親しみやすいため、すぐに身内のように
  なってしまう。
  →雰囲気で歌ったらいいな、というのがわかる。
   →歌うことは減るものではない。

歌うことが全然苦にならないのは、歌うために生まれてきたから、
と江原さん。


○前世

そう簡単にすぐに生まれ変わらないが、細川さんは前世とは
あまり時間が離れていない、めずらしい、と江原さん。
→歌うために前世のリベンジで生まれてきた。

前世は東北の民謡歌手。
→雪の中、津軽三味線を持ち、歌い歩いていた。
 目が不自由だった。
 →細川さんは、人に会うときは必ず人に触れる。
  会った瞬間、本能的に握手をする。
  →前世での触れて確認する習慣。

前世では檜舞台に立てなかったため、もっと自分は歌えるのに、
という思いがあり、生まれ変わったら歌手になる、という思いが
強くあった。
→細川さんは、生まれたときから歌うのが好きだった
 →小さい頃、近所のおばあちゃんを集めて歌を歌っていた。
  →デビュー曲がヒットしたのも運だけではない。

天性の歌い手は咽を痛めない、と美輪さんがコメント。
→50歳を過ぎるとキーが変わって下がってしまうが、天性の
 歌い手はキーが変わらない。
 →少し上がったくらい、と細川さん。

東北の民謡は北海道の民謡よりもこぶしが効いている。
→若いときから、こぶしは知らないうちから出来ていた。


○守護霊

守護霊は、前世と同じ東北の民謡歌手。

前世が守護霊になるのは、グループソウル(類魂)があるため。
→グループソウルとは、霊界にあるたましいの家族。

グループソウルをコップの水に例えると、コップからこぼれた
一滴の雫が前世。
→その一生が終わり、コップの中へ戻る。
 →次にこぼれた一滴の雫が細川さん。
  →コップの中の液体は同じであり、魂が経験したことは
   忘れない。
   →グループソウルは守護霊になるため、前世と守護霊が
    一致することも多い。
     →どんな人にもグループソウルがあるため、守護霊が
      いない人はいない。

守護霊とはずっと一体、二人羽織、と江原さん。
→守護霊さんとしては、民謡を歌ってもらいたい。


補助霊は父方の祖父。
→おじいさんは尺八を吹いていた。
 →孫の歌に合わせて尺八を吹きたい、という思いがある。
  →細川さんは、歌うために生きている人。

普通の人は現実ばかり見ているが、細川さんは空想と現実が
交錯していて、発想の転換を図っている、と美輪さん。
→最近、歌うときに目をつぶる、と言われる。
 →目が不自由だった前世そのもの。
  →目をつぶると、想像を絶するくらい声が出る。
   →目を開けて歌うと気が入らない。

今後は後進指導を考えること。
→声が出ている間に弟子を育てて行きたい、と前から思っている。
 →守護霊さんたちも同じ思いを持っている。


○人間の寿命

寿命は自分で決めてきている、しかし、それは知らない
ほうが良い、と江原さん。
→短いから不幸、長寿だから幸せというわけではない。
 100年生きても、あの世から見れば瞬きのようなもの。
 →短命でも長寿でも、色々なメニューから学ぶことが大切。

死ぬことを考えることは、今日をどう生きるかを考えること、
生きることを考えることは、どうやって死んでいくかを
考えること。
→それを見つめることは大切だが、自分の寿命を思う必要はない。

宿命は青写真(設計図)、と美輪さん。
→心がけ次第で宿命は設計変更できる。
 →自分の役目に気付き、やるべきことをやるための時間が
  足りない場合、寿命は延びる。
  →良い行いで徳を積むと、残りの人生が変わる。
   →本人の心がけ次第。

死は平等に苦はない、苦しいのは肉体だけ、と江原さん。
→死は魂が肉体から離れるだけ。
 →魂に苦しみはないため、死は安らか。
  →肉体の見た目では判断しないほうが良い。


次回のゲストは、山本耕史さんです。
| オーラの泉/2006 | 16:30 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |