<< 沢村一樹さん | main | 古手川祐子さん >>
オーラの泉(2005/12/07放送)に、オペラ歌手の
中島啓江さんが出演。


○中島啓江さんのプロフィール

中島 啓江(なかじま けいこ)
生年月日:1957年11月15日
出身地:鹿児島県
血液型:A型

1979年、藤原歌劇団に入団。
「修道女アンジェリカ」でオペラ歌手デビュー。
1985年、「マック・ザ・ナイフ」でミュージカル初出演。
1986年、「天高くオペラ肥ゆる秋」で初ソロコンサート。


○冒頭

中島さんからのメッセージ。
→美輪さんのコンサートに行くと、いつもエネルギーを
 もらっている私ですが、今回もどうぞ私に元気を与えて
 ください。


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃、なりたかった職業
 →花屋さん

・好きな色
 →黄色

・一番好きな言葉
 →ありがとう

・不思議な体験
 →幼稚園の頃、車にはねられ、地面に叩きつけられる大変な
  事故に遭ったが無傷だった

・一番大切な曲
 →アメイジング・グレイス
  母が大好きだった

・一つだけ願いが願うなら何を願う
 →お母さんと一緒に暮らしたい、生き返って欲しい


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、何度かお会いしている。
→この前も美輪さんのコンサートに行き、元気をもらった。
 →普段は辛くても、広い平原のきれいな空気の中で、
  美輪さんの歌を聴いているような気持ちで、リラックス
  している、と中島さん。


江原さんとは、初めまして。
→名前に大好きな漢字の「啓」が入っている、と中島さん。
 →啓江という名前の意味は、広い入り江の子供。
  →川には大小さまざまな川があり、枯れそうな川でも
   雨が降ればまた川になる。
   人間も同じで、何かを注いであげれば、生き返る人もいる。
   →揚子江のように、大海原に出る前にワンプッシュして
    あげられるような人間になって欲しい、と母が名付けた。

今までのオーラの泉とは全く違う、中島さんは波動が違い、
愛がいっぱい詰まっている、と江原さん。
→無駄なく愛が詰まっている人は、初めて見た。


○オーラの色

オーラの色は、紫。
→観音菩薩に象徴される慈悲の色。


○お花屋さん

小さい頃は、お花屋さんになりたかった。
→花も好きだが、花を渡す時のお客さんの笑顔も大好き。

途中からは、うたのおねえさんに憧れた。
→小学校に真里ヨシコさん(「おかあさんといっしょ」の
 うたのおねえさん)がきれいなドレスを着て、童謡を歌いに
 来てくれた。
 →最後に児童代表が花を持って行った時、素敵な笑顔で
  「ありがとう」と言い、アンコールを歌ってくれた。
  →お花で歌ってくれた、素敵、と思い、この仕事に憧れた。

好きな花は、タンポポや菜の花。
→タンポポは特に好き、好きな色も黄色。
 →私も黄色が好き、と江原さん。
  →部屋を黄色にしていると色の力で、朗らかになり、
   楽しくなる。


○不思議な体験

幼稚園の頃、車にはねられて体が宙に飛ばされ、見物人が
たくさんいて、絶対に無理だと思われていたが、無傷だった。
→その時の記憶は「おじちゃん、ありがとう」と言ったこと。
 →誰かが抱きとめてくれた、と思ったが、後から誰も
  いなかった、と言われた。
  →そのおじちゃんが誰かは分からないが、大きい手という
   イメージがある。

実際の霊、と江原さん。
→中島さんの後ろにいるお母さんは、お母さんの父方の
 おじいさん、とおっしゃっている。
 →その人が助けてくれた。

絶対に死んではいけない人間だから、絶対に悪いことは
できない、と中島さん。
→誰かのお役に立ちたい気持ちでいっぱい。

辛くて悲しいこともあったが、それは必要なお勉強、と美輪さん。
→悪いことが無かったら、良いことに巡り会えない。
 →その想いは、声の波動になって伝わる。

美輪さんは、漫画家の水木しげるさんと対談し、70歳になっても
成長すること、色々なものが見えてくることを話した。
→歌の解釈や、世の中のことがものすごく分かりやすくなる。
 →人間は進化していくので、30代や40代で自分でブレーキを
  かけることは無い。
  →自分の可能性は無限にある。


○願い

願いが一つ叶うなら、お母さんと一緒に暮らしたい。
→20年ぶりに母と一緒に暮らせるようになったが、9年前に
 亡くなった。
 一緒に住んだのは、2〜3年だった。
 →もっと色々な所へ連れて行きたかった。

母も中島さんも「アメイジング・グレイス」が大好き。
→母の病室でも「アメイジング・グレイス」を歌ったが、
 最後まで歌い切ることができなかった。
 →ずっと歌っていかないといけない歌だと思っている。
  →コンサートでも歌い続けているが、自分の悲しみよりも、
   みんなが元気になってくれれば良い、と思っている。
   →お役目、と美輪さん。

お母さんは中島さんを見守り続けている、と美輪さん。
→亡くなっても姿が見えないだけで、ずっと側にいる。
 →コンサートの時もちゃんと歌を聴いている。

お母さんは紫の花を持っている、と美輪さん。
→お母さんは紫色の花(鉄線)が大好きだった。

お母さんは、子守唄「ゆりかごの唄」を歌っている、と江原さん。
→母の口から聴いた初めての童謡だった、と中島さん。
 →学校の音楽会で歌手になろうと思ったのは勘違いで、
  母の子守唄が歌心を付けた、と江原さん。

お母さんは、「一番いいときにこの世を去った」と
おっしゃっている。
→数年でも一緒に過ごせたため。
 →お母さんは中島さんに、もっといっぱいしてあげたかった
  けれど、今はその気持ちは無い。
  →自分ができる限り、精一杯の愛情を込めて育てたから。

今の母親は子守唄を知らないし、赤ちゃんに歌ってあげない、
と美輪さん。
→情操教育で良いトラウマを植えつけないため、、中学高校に
 なってからグレてしまう。
 →母親の愛の波動が伝わっていない。
  →子供がグレたときに子守唄を歌うと、無垢で純情だった頃の
   気持ちに戻ることができる。

「ありがとう」という言葉は大好き。
→小学校の頃、中島さんは転校することになり、意地悪を
 する子にも、「ありがとう」と言ってごらん、と母に言われた。
 →意地悪をする子には挨拶をしたくなかったが、母は
  絶対に変わるよ、と言ってくれた。
  →転校する日に、意地悪な子の顔を見て「ありがとう」と
   言ったら、泣きながら「ごめんね」と言ってくれた。
   →柔能く剛を制す、と美輪さん。


○恩師

砂原先生がいる、と江原さん。
→砂原美智子(1923〜1987)
 昭和音大で中島さんを指導し、オペラへの道を開いた恩師。
 →すごく厳しく、辞めていった人たちはたくさんいるが、
  中島さんは最後までしがみ付いていた。

先生が亡くなった後も中島さんは、しょっちゅう話しかけていた。
→先生は、全く寂しい思いをしなかった、とおっしゃっている。


○守護霊

守護霊の中心は、お坊さん。
→大玉の数珠を首から下げている。

もう一人の守護霊は、鎌倉時代辺りのかぐや姫のような
着物の女性。

補助霊は、砂原美智子先生とお母さん。
→砂原先生は、中島さんが歌を習っていた頃、山田耕筰の
 歌について質問されたことを話している。
 →中島さんのために、先生は山田耕筰に色々な質問を訪ねに
  行ったことがある。

中島さんは、山田耕筰と北原白秋の作品「からたちの花」の詞に
どうしてこのメロディーをつけたのかを先生に質問した。
→すごくきれいだが、歌い手にとってはとても難しいため、
 二人の人間関係を知りたかった。
 →先生は、分からないことをちゃんと確かめないと嫌な
  性格だった。

山田耕筰(1886〜1965)は、「赤とんぼ」「からたちの花」
などで知られる作曲家。
オペラ、映画音楽などあらゆる音楽分野に貢献。

北原白秋(1885〜1972)は、大正〜昭和初期の詩人。
「からたちの花」の作詞者。


お母さんも中島さんも衣装ケースが好き。
→衣装ケースに整理するのが習慣になっている。
 切れ端一つでも保管している。
 →お母さんは少し処分しなさい、とおっしゃっている。
  →身軽になった方が良い。

お母さんは、墓で泣かないで、とおっしゃっている。
→死者を想うことは、死者にとってありがたいことだが、
 悲しみの波動が伝わってしまうと、成仏できなくなってしまう。
 →良い波動を送り、私のことは心配いりません、と言って
  あげると、成仏できる。
| オーラの泉/2005 | 22:32 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |