<< 増田惠子さん | main | 加藤あいさん >>
オーラの泉(2006/12/06放送)に、お笑い芸人、女優の
友近さんが出演。


○友近さんのプロフィール

友近(ともちか)
本名:友近 由紀子
生年月日:1973年8月2日
出身地:愛媛県松山市
血液型:B型


○冒頭

友近さんからのメッセージ。
→実は私は生まれてこの方、一度も心が晴れたと思うことが
 ありません。
 どうぞ今日は、そんな私の気持ちをすっきりさせてください。


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →頑固で協調性が無い

・趣味
 →人を見ること

・苦手なもの
 →自分と合わない人、暗いところ

・美しい、という言葉から連想するもの
 →着物、湖

・人生の転機
 →26歳の頃

・自分のオーラはどんな色だと思う
 →紫
  マイナスとプラスのオーラが行ったり来たりしてると思う


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、約3年前に一緒に仕事をしたことがある。
→部屋の壁が黒いのは良くないため、明るくするように、と
 アドバイスされた。


江原さんとは、初めまして。


○人生の転機

人生の転機は26歳。
→26歳までは、愛媛のローカルテレビ局でレポーターをしていた。
 →このままでは自分を表現できない、と思い、レポーターを
  辞めて、26歳で大阪に出てきた。

芸人になるまでは、家で姉と即興でコントをやったりしていた。
→ニューヨークアクターズスタジオも行われている演技の基礎、
 と美輪さん。
 →エチュード。
  →状況や場面、人物の性格だけを設定し、役者が動作や台詞を
   創造していく即興劇。


○違和感

小さい頃から子供社会に溶け込めない違和感があった。
→自分だけ大人の気分で、バカらしくてやっていられない、
 という気持ち。
 →マンガよりも土曜ワイド劇場を見ていた。

大人の会話が面白く、楽しかった。
→大人になるのが待ち遠しかった。


○性格

性格は頑固。
→芸に対しても頑固。

コントで人が入ってくるのは嫌。
→波長が合う人なら良いが、一人のほうが楽。
 →波長が合わない人とは、話せなくなる。


○マイナスのオーラ

マイナスとプラスのオーラが、出たり入ったりしていると思う。
→自分を閉ざしてしまうときは、マイナスのオーラ。
 全開で自分を出しているときは、プラスのオーラ。
 →合う人合わない人によって、自分が変わってしまう。

人間好きの人間嫌い、と美輪さん。
→常に防御をしている。

感情(幽体)のオーラの変化が激しい人、と江原さん。
→精神が細やかで、気が弱い。
 気の大きさと弱さが共存している。
 →どうしても自分を守るほうに行ってしまう。


○お母さん

お母さんは、天真爛漫な人。
→友近さんより派手な人。

生まれ変わりの回数が違う、と美輪さん。
→お母さんよりも、友近さんの方が生まれ変わりの回数が多い。
 そのため、母も一人の人間として観察し、分析している。

他の人も全て観察し、世間知らずだとバカにしている。
→意地悪な面を持っている。
 →ひどい目に遭った前世だったから、と美輪さん。

芸をしている時は、本当の自分が現れる、と江原さん。
→自分の本音が出ているため、やり易い。

着物が一番似合う服だと思う、と友近さん。
→前世で着物を着ていたから、と美輪さん。
 →着物の選び方は、ただものではない。
  →渋派手のため、着物のことを熟知していないと選ばない
   着物を番組で着ている。


○前世

前世は、日本のやり手婆。
→明治か大正時代の人。
 →古い時代ではないため、再生に時間がかかっていない。

16〜17歳頃に嫁に出ているが、子供を授からなかったため、
家を追い出されている。
→その後、水商売の奉公に出ている。
 →そのとき、夜叉になる、と決心し、生半可な人生では生きて
  いけない、と腹をくくっている。

独立することを目指していたため、いじめにあったり、
やり返したりしていた。
→心を鬼にしないと生きていけない状態。

26歳で独立し、水商売で生計を立てていた。
→最期は恨まれて命を落としている。
 →思い半ばで亡くなり、苦労して得たものを取られているため、
  どうしても人生をやり直したい気持ちが強い。
  →友近さんが小さい頃から大人っぽい要因。
   →今世では、人生の巻き返しを狙っている。
    →自分もどこかでリベンジだと思っている、と友近さん。

今までの前世は全て悲惨な人生だった、と美輪さん。
→今世は初めて幸せを得る人生。
 闇から明るい道へ切り替える人生。
 →闇に慣れているため、明るい世界に違和感がある。


○オーラの色

オーラの色は、鮮やかではない赤(黒が混ざっている)。

もう一つのオーラの色は、紫。
→苦労しているから出る色。
 →気の毒な人には、手を差し伸べる優しさを持っている。

魂を清い方へ引っ張って行って欲しい、と江原さん。
→人の付き合いで、知らず知らずのうちに計算をしている。
 →心の闇で分かり合ってしまうと、闇と繋がってしまう。

素直に生きようと思い、素直に生きているつもりだが、
嫌なものの価値観を分かる人といると心地良い、と友近さん。
→ネガティブな言葉を発すると、ネガティブなエネルギーが
 とりまく。
 →言霊。

人の悪口を言うと、気持ちは発散するが、自分が汚れてしまう。
→悪口や愚痴は、マイナスのエネルギーで自分が取り囲まれ、
 全てがマイナスのことばかり起き出す。
 →運を良くするのも悪くするのも、結局は自分。

前世では、呪いや願掛けをたくさんしていたため、
変なジンクスやお守りを引き寄せてしまう、と江原さん。
→持っている、と友近さん。


○波長の法則 カルマの法則

気持ち悪いエネルギーを放っている、と江原さん。
→蛇がたくさん絡み付いているような映像などが見える。
 →情念、欲得。
  →楽して得しようという思い。

願掛けだけをして努力をしないのは、誰かを蹴落とすこと。
→呪いと一緒で、マイナスのイメージ。

色々な人に見てもらいすぎ、と江原さん。
→呪詛などをやり過ぎると、自分の世界を汚す。
 →呪詛とは、特定の人に災いがかかるように神仏に祈ること。

そういった人たちが共通して言うのは、現世利益。
→物質的なご利益ばかりで、心のご利益ではないため、
 心の幸せのアドバイスではない。

霊能は当たり外れではない、と江原さん。
→数学と一緒で、マイナスとマイナスをかければプラスに
 なるため、低級な霊を使っても力が出る場合はある。
 →プラスとプラスをかけてもプラスになるが、プラスとプラスの
  力が出すエネルギーが違うため、結果が全然違う。
  →生きる希望を与えられ、幸せを実感させる。

苦労の垢が取りきれていない、と江原さん。
→運を良くしたければ、微笑んでいて、優しくすれば良い、と
 美輪さん。
 →世の中に優しい人が嫌いな人はいない。
  →笑顔で優しい人は自分で運を呼び、運がどんどん開ける。

波長の法則は、類は友を呼ぶ。
→ネガティブな人の周りには、同じ波長の人が集まる。

カルマの法則は、自らまいた種は、自らが刈り取る。
→人を幸せにすれば、自分も幸せになる。
 →努力。


○守護霊

守護霊は、料亭の女将。

白衣観音(災いを消し命を延ばす功徳がある)の姿が
見えてきた、と江原さん。
→前世では、観音様の信仰をしていた。
 →本来は清らかなものを持っている。
  →自分で夜叉になる、と決めてやってしまったため、
   本心ではない。

友近さんは、今までずいぶん友達を助けている。
→悩んでいる友達には、とことん話を聞いてあげている。
 →お礼として、良い方へ向かっている。

芸も優しさが溢れていれば良い、と美輪さん。
→苦しみや悩み、不平不満が無い人はいないため、菩薩行(他者に
 対する慈悲を重視し最高の悟りに到達しようとする修行)は
 大変ですね、という気持ちでお客さんに接し、自分の芸を
 見せること。
 →お客さんへの癒し、慰め、励ましになり、自分の気持ちも
  伸びていく。

裏も出したほうが良い、と江原さん。
→したたかさの裏にある苦労。
 →笑いだけでなく、ほろりとさせる部分を見せる。
  →友近さんは、それを表現できる人。
| オーラの泉/2006 | 14:40 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |