<< 奥田瑛二さん | main | 劇団ひとりさん >>
オーラの泉(2006/02/22放送)に、女優の
原沙知絵さんが出演。

○原沙知絵さんのプロフィール

原 沙知絵(はら さちえ)
本名;原 幸恵(はら さちえ)
生年月日:1978年5月1日
出身地:福岡県福岡市
血液型:A型


○冒頭

オーラの色と自分が選ぶ色についての関係。
→感情のオーラの色が赤で落ち着きの無いときは、同じ赤い色の
 ものを選びやすくなる。
 反対にこのままでは良くない、と青や緑を選ぶ場合もある。
 →気分が充実しているときに赤を選ぶのは良い。
  イライラしているときは、青や緑を選ぶと良い。


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →熱しやすく冷めやすい

・怖いもの
 →水の中

・好きな男性のタイプ
 →自分よりも背が高い方

・猛烈に腹が立っています、どんな状況ですか
 →道路を歩いていて、うるさいバイクが急に走りこんできた

・不思議な体験
 →小学生の頃、お盆に母親の実家に帰ったとき、夜中に鈴の
  音が聞こえた
  母親に何の音か聞いたら、お盆だからおじいちゃんが帰って
  来ているんじゃない、と言われた


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、初めまして。

江原さんとも、初めまして。


○騒音

車やバイクの騒音やクラクションに腹が立つ。
→車が来ているのを気付いているのに、一緒に歩いている人から
 危ない、と注意されるのも腹が立つ。
 →自分では分かっているし、注意の声に驚いてしまう。

束縛されるのが嫌い、と江原さん。
→指図されるのも騒音と同じで嫌い。
 →魂の気質、と江原さん。
  →見た目とは違い、原さんは強い人。


○水の中

水の中が怖い。
→前世での指図に水嫌いが入っている、と江原さん。
 →お母さんのお腹の中で羊水に包まれていたときの胎教。
  お母さんとの関係。
  →難産だった、と原さん。

お母さんは大好きだが、物心付いてからお母さんの指図に
腹が立っていた。
→反抗期は激しかった。

母親も自分も泳げず、大人になってからはサーフィンなどを
しているが、水中は駄目、と原さん。
→ドラマの撮影で顔にシャワーを浴びるシーンも苦手。
 →水の中の水圧が嫌いなタイプ、と美輪さん。


○不思議な体験

小学生の頃、お盆に祖母の家に帰ったら、鈴を鳴らしたような
音が聞こえた。
→母親に聞いたら、お盆だからおじいちゃんが帰って
 来たんじゃない、と言われ、怖くて寝てしまった。
 →小さい頃のことだが、鮮明に覚えている。

高校生の頃は、父方の祖母のお葬式のとき、斎場で寝てしまった。
→いけない、と思い起きたら、祭壇の花が一部だけ揺れていた。
 →おばあちゃんがいるのかな、と思った。

眠気はある種のトランス(入神状態)、と江原さん。
→原さんは霊的なものを持っている。
 →仕事で役に入るときなど、色々と手伝ってくれている。
  →霊媒体質の人が役者になり易い。

その人にしか分からない、あり得ない形でおばあちゃんが
示している、と江原さん。
→霊的なシグナル。
 →亡くなった方への気持ちのわだかまりや、家族の心が離れる
  ことを心配している。


○心霊写真

ハワイのカウアイ島で写真を撮ったら、右足だけが写らなかった。
→原さんは気にしていないが、マネージャーは今も気にしている。
 →その時は足の怪我に注意などのメッセージがあったが、
  今は大丈夫、と江原さん。

心霊写真の9割は間違い、と江原さん。
→はっきり写っていないと心霊写真ではない。
 →糸くずや指が入る場合や、ネガやフィルムの傷や故障の
  場合もある。
  →気になる場合は、お焚き上げに持っていくと良い。

オーブはお宮などではよく写る。
→オーブとは、写真やビデオに写る光の玉のようなもの。
 →自然霊の場合もある。


○オーラの色

オーラの色は赤、緑、茶色(くすんだ赤)。
→赤のオーラは情熱。
 緑のオーラは穏やか、平和。

茶色のオーラは意外と根に持つ。
→原さんは過去のことを忘れずに執着してしまう。
 →プライドが高いため、傷付けられると絶対に許さない性格。
  →持っていても苦しいだけなので、変えたいと思っている、と
   原さん。


○母

お母さんとの間柄を変えないといけない、と江原さん。
→素直にありがとう、ごめんなさいと言えるようにすること。
 仕事ではできているが、頭を下げることを覚えること。
 →原さんとお母さんは似たもの同士のため、お互いに自分を
  見ているようで、嫌になってしまう。

原さんはお母さんをとても愛しているため、素直に表現すること
から始めること。
→照れくさいが、こだわりを持たなければ楽になる。


○守護霊

守護霊は十二単を着た女性(鎌倉時代の公家の奥方)。
→高貴な人であり、扇で顔を隠している。
 歌を詠むのが得意で大好き。
 →原さんも雅なものが大好きで、踊りをしている人や芸大を
  卒業している人が周りにたくさんいる。


○前世

前世は茶坊主。
→室町〜江戸時代、武家に仕えて茶道を取り仕切ったお坊さん。

孤独を好む人であり、人嫌いで身内のつながりもほとんど
無かった。
→心が豊かな部分もあるが、無心に来る人は嫌だった。

原さんは本当に辛いときに頼りになる友達。
→普段は入り込まれるのは嫌だが、魂の上で本当の孤独を経験して
 いるため、本当に辛い人の気持ちがよくわかる。
 →優しく声を掛けたり、気遣う部分がある。


○一人旅

シリアスになると羽目を外す、と美輪さん。
→この前初めて一人旅をした、と原さん。
 →一人でいいや、と思い3日間しかなかったが、この10年間で
  初めてオフになり切れて、仕事を頑張ろう、と色々なことを
  受け入れられるようになった。
  →自己解放。


○結婚願望

男前、と江原さん。
→常識では男っぽいが、真理ではそれが女。
 →シリアスな女は現実的。

結婚願望はあるが、結婚することが全ての幸せではない、と思う。
→付き合う男は大変、と美輪さん。
 →すぐに欠点を数え上げるため。

原さんは熱しやすく冷めやすい性格。
→知る前はすごく熱心だが、すぐに欠点探しが始まってしまう。

自分の好きなように毎日暮らしているため、すごく幸せ。
→でも何か足りないと思っている、と原さん。

自分を解放して全てに素直になり、自分を変えること、と
美輪さん。
→まずはお母さんとの確執を無くし、全てに感謝すること。
| オーラの泉/2006 | 12:06 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |