<< 劇団ひとりさん | main | ベッキーさん >>
オーラの泉(2006/03/01放送)に、お笑いタレントの
ヒロシさんが出演。

○ヒロシさんのプロフィール

ヒロシ(ひろし)
本名:斉藤健一(さいとう けんいち)
生年月日:1972年2月14日
出身地:熊本県荒尾市
血液型:O型


○冒頭

ヒロシさんからのメッセージ。
→今日は深刻な悩みを相談させてください。
 僕は女性に全くもてません。
 どうしたらもてるようになるのでしょうか。
 この番組をきっかけにもてる男に生まれ変わりたいです。


○スピリチュアル・チェック

・生まれ変わるなら何になりたい
 →綺麗な女の人

・性格を一言で言うと
 →ネガティブ

・よく見る夢
 →よくは見ないが、街を歩いている人が全員裸、という夢が
  印象に残っている

・人生最大の転機
 →小学生のときにヒゲダンスを踊ったこと

・一番辛かったこと
 →ホストクラブで働いていたとき


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、一度会ったことがある。
→見ていて素敵と思った、と美輪さん。
 →妙な小細工をせず、非常に洗練されて都会的のため。

江原さんとは、初めまして。


○綺麗な女性

生まれ変わるなら、綺麗な女性になりたい。
→女性の方が飲み会などでお金を出さなくても良いので、
 得だと思う。

男性に生まれたのは、自分の意思であり学び、と江原さん。
→人は生まれる前に、人生の大体の青写真をあの世で作っている、
 と美輪さん。
 →自分と守護霊、先祖霊、神様などと会議があり、自分が
  主導権を握り、決めている。
  →人生の青写真は宿命だが、運命の力で設計変更は可能。
   →自分の心がけ次第。


○人生の転機

人生最大の転機は、小学生の頃にビゲダンスを踊ったこと。
→いじめられていたが、ドリフターズが流行っていたので、
 お楽しみ会でヒゲダンスを踊ったらウケた。
 →その後、いじめは少なくなり、漠然とお笑い芸人に
  憧れていた。
  →自分の力で人生と周りを変えることができたのは、
   大変な転機、と美輪さん。


○辛い時代

一番辛かったのは、ホスト時代。
→女性にもててお金がもらえるため、ホストになったが、
 完全歩合制のため、全く稼げなかった。
 →休日はコンビニでバイトをしていた。
  →ホストを辞めたかったが、小さなお店のため、辞めることが
   なかなかできず、3年間働いていた。

女性の裏側を全部見せられてショックを受けた。
→騙されてお金を払ってもらえなかったこともある。


○霊視

霊視をして究明するのにこんなに時間がかかる人は初めて、と
江原さん。
→ヒロシさんは複雑怪奇な方。
 →もてたいと言っているが、自分で自分をよく理解していない。

究極の面食いで、女性が寄って来ない訳ではない。
→女の人が3人ばかりいる、と美輪さん。
 →ヒロシさんは友達だと思っているため、理想が高い。

常に求めているのは母性、と江原さん。
→ヒロシさんは愛されたり、可愛がってもらいたい。
 →愛情を求めるのは、前世のお母さんに理由がある、と
  江原さん。


○前世

前世は、日本の男性。
20歳位で自ら命を断っている。
→7〜8歳の頃に親と別れたため、捨てられたという思いが強い。
 家は豊かだったため、散々遊んでいた。
 →愛情を確かめたかったため。
  結婚はしていない。

今世でもお母さんに対する思いは複雑。
→とても愛されているが、どこかで違和感を感じていて、自分を
 素直に出せない。
 →今でも親と一緒に出かけるのは恥ずかしい、とヒロシさん。
  →電話もあまりしていないく、馴染み方が分からない。

友達や仕事仲間でもそう、と美輪さん。
→普通の人のように溶け込む方法が分からない。
 →前世でも周りに誰もいなかったから、と美輪さん。

解決するには、過去世の悪いところは全部切り捨てて、良い
ところだけで再出発する、と心で決定すれば良い、と美輪さん。
→前世の名残は今世では関係ない、と気付くこと。
 →今世では家族もファンの人もいて、愛してくれる人もいる。
  →心を開いて自然に身を任せること。


○守護霊

守護霊は、仏師(仏像を彫る職人)。
→寡黙な人。
 →ヒロシさんも芸術的センスがあり、内面的にかっこいい人。

守護霊さんは、親としっかりコミニュケーションを取りなさい、
過去のわだかまりは取りなさい、とおっしゃっている。
→お母さんにわがままを言ったり、お父さんとのわがかまりを
 無くすこと。
 →友達にも自分のことを話したり、愚痴を言ったりすること。


○芸術

非常に芸術的で色々なセンスを持っている、と美輪さん。
→孤独な人はそれがエネルギーになり、芸術に花が咲く。
 →ヒロシさんは享楽主義にわざと行っているため、芸術と
  結びつかない、と江原さん。
  →生活に文化を求めていない。
   →現世に根を生やす、という気持ちが薄い証拠。

前世の繰り返しで、浮世から離れてしまい、孤独になっている、と
江原さん。
→生活に文化を求め、現世に愛着を持つこと。
 →部屋に花を飾ったり、お気に入りのソファーを置く、
  本を読んだり、映画を観る、など。

映画を観ると人生の疑似体験ができる、と美輪さん。
→心を開いても大丈夫な人を見分けることができるようになり、
 それが出来てくると、芸術家としてのセンスが光りだす。


○オーラの色

オーラの色は青、シルバー、紫。
→青のオーラは知的、冷静。
 シルバーのオーラは、個性的、こだわりが強い。
 紫のオーラは、情が深い。

ヒロシさんはすごく素直な人。
→悪く言うと疑い深い方にも行ってしまう。


○親友

小さい頃に、てっちゃんという友達はいましたか、と江原さん。
→小学校から大学まで一緒の友達、最近は会っていない、と
 ヒロシさん。
 →てっちゃんは今でもヒロシさんを覚えていて、応援している。
  →ピュアな心で心の赴くままに付き合っていた友達から
   始めれば良い、と美輪さん。
| オーラの泉/2006 | 13:19 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |