<< 京本政樹さん | main | 假屋崎省吾さん >>
オーラの泉(2007/02/07放送)にタレント、俳優、画家の
片岡鶴太郎さんが出演。

○片岡鶴太郎さんのプロフィール

片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)
本名:荻野 繁雄(おぎの しげお)
生年月日:1954年12月21日
出身地:東京都荒川区西日暮里


○冒頭

ガイドスピリット(指導霊)は入れ替わることがある。
→担任の先生が変わるようなもの。
 →突然職業を変えて成功する人もいる。


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃なりたかった職業
 →ボクサー、喜劇役者

・画家として描いてみたいもの
 →奈良の大和路などの日本の原風景

・リラックスするときに必要なもの
 →最近はクラシック音楽を聴くようになった

・強く印象に残っている夢
 →寅さん(渥美清さん)がしつこく飲みに誘いに来るのが嫌で、
  一番奥の部屋で居留守をしていると、一つ一つ部屋を開けて
  来るのが怖い、という夢

・人生の転機
 →32歳のときにボクシングをやったこと


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、20年以上前に番組で一緒になったことがある。
→それから一緒に仕事はしていないが、お互い車に乗っていて
 すれ違ったことはある。

江原さんとは、初めまして。


○スピリチュアルな世界

スピリチュアルな世界に興味はある。
→不思議な体験や霊を見たことは無いが、見えない世界がある、
 という意識はある。
 →オーラの泉の収録日が52歳の誕生日、というのは不思議。


○ボクシング

人生の転機は、32歳でボクシングを始めたこと。
→1年かけてプロのライセンスを取ろうと思った。

25〜26歳の頃は「ひょうきん族」で有名になり、レギュラーを
8本位持っていたので、ずっと忙しい日々が続いていたが、
どこかで満足しきれなかった。
→バラエティ番組では陽の部分を表現していて、陰の部分も
 表現したかったが、なかなか表現できなかった。
 →ものまねをして必ず誰かに扮していたため、素の状態でいると
  真面になってしまい、上手く表現をすることができなかった。

当時は怠惰な生活を続けていたため、体重が65キロもあり、
体も精神もリセットしてそぎ落としたい、という思いもあった。
→その思いとボクシングが合致した。

ボクシングジムに入り、後に世界チャンピオンになる
鬼塚勝也選手と出会った。
→当時はまだ高校生だったが、世界チャンピオンになることしか
 考えていない彼と一緒に練習することになった。
 →素晴らしい出会いがあり、ボクシングをやることは
  間違いじゃない、と確信した。


○画家

ボクシングと役者を始めた30代はとても充実していたが、
それが離れて行き、40代からは何をやったら良いか分からず、
寂寥感があった。
→2月の寒い朝に仕事に出かけると、朱の色の気配がした。
 →ふと見たら椿の花が咲いていた。
  →一人で咲いている椿にとても癒された。
   →この感動を表現できる人になりたい、と思い、絵で
    表現しようと思った。

絵は子供の頃以来描いたことが無く、美術館にも行ったことが
無かった。
→絵を描いてみたい、という自分に驚いた。
 →文房具屋へ行き、絵の具ではなく、墨と硯と筆を買った。
  →墨彩画。


○因縁の堆積

ボクシングも画家もどこかでもう一人の自分が「やってみたら」と
言っている感覚がある。
→因縁は堆積している、と美輪さん。
 →因縁は地層のように堆積していて、一番軽いものから出て、
  一番重くて肝心なものは最後に出てくる。

サイキックや霊的な能力を持っている、と江原さん。
→もう一人の自分の声が聞こえるのは、空気振動が鼓膜に
 伝わるのではなく、自分の内なる声を聞いている。
 →江原さんが霊視するときも、自分自身の中に映っているものを
  見ている。

椿が呼んだ、と美輪さん。
→椿にも命があり精霊のため、片岡さんの気魂と交信した。
 →その時は、感度が研ぎ澄まされていたため、精霊と
  結びついた。
  →それ以前だったら椿に呼ばれても分からなかった。

精霊(自然霊)は純粋で雑念が無いため、真理しか伝えない。
→片岡さんは一つのものを脱却し、アンテナが研ぎ澄まされた
 時期があった。
 →空港を作ったようなもの、と江原さん。
  →空港があれば導きや才能などが降りてくる。
   →全ては自分の人格が空港となる。
    →空港を整備しないと何も降りて来ない。


○植物

国分さんは意識して家で植物を育てているが、枯らせてしまう。
→一所懸命育てても枯れてしまうのは、植物が命のエネルギーを
 分けてくれるから。
 →植物も動物もものすごく献身的。
  →愛すれば愛してくれる。

花にはマイナスの悪い雑念や情念が無い。
→献身的で与えっぱなしのため、美しい形をしている。
 →花を可愛がってあげると、花がどこかから寄ってくる。


○守護霊の学び

ボクシングで鬼塚選手のセコンドをしたのは守護霊の学び。
→鬼塚選手は自分自身の投影であり、自分と一体。

守護霊は自分自身。
→魂の故郷であるグループソウルの前世の一人が守護霊として
 見守っている。
 →自分のことだから宝くじを当てるようなことはしない。
  →試練として時に転ばすこともある。


○前世

前世はヨーロッパの役者であり画家であり詩人。
→前世でも今世と同じようなことをしていた。
 →音楽家や哲学者、詩人などの仲間と酒場で語り合っていた。

芸人の仕事をしているときは違和感があった。
→芸人の世界を学んだが、どこかで違和感があったため
 哲学をしていこう、と思った。


○守護霊

守護霊はお坊さん。
→絵や書を書いている。
 →片岡さんは前世と守護霊の技法が混ざって現れているため、
  墨と筆で墨彩画を描いている。

守護霊のお坊さんや他の人たちからメッセージがある、
と江原さん。
→今日が誕生日なのは、このメッセージがプレゼント。

ここ最近はどこかで喜びはあるが、道しるべを感じなく
なっている。
→芸術の世界は意外と手ごたえが無いため。
 →絵の個展などは舞台と違い、お客からの拍手喝采が無い。

自分の軌跡を見つめることができるきっかけが与えられると、
その先の新しい方向を目指すことができる。
→その目盛りはちゃんと用意されている。


○オーラの色

肉体のオーラは、足と腰の色が悪い。
→怪我や腰痛に注意すること。
 →足と腰は自覚症状がある、と片岡さん。


○子供

片岡さんの兄弟か身内に小さい頃に亡くなっている男の子がいる、
と江原さん。
→片岡さんに寄り添っているため影響を受けて、時々片岡さんが
 子供っぽくなるときがある。
 →ついこの前、急に行きたくなって遊園地に行った、と
  片岡さん。


○学校

学校などで何か教えてらっしゃる?、と美輪さん。
→墨彩画のクラブはある、と片岡さん。
 →学校で教えるのはこれからの映像、と江原さん。

守護霊さんの言う目盛りには、今後学校で教えたり、賞を
獲ったりする目盛りはあるが、それはあくまでも目盛り。
→その先はもっと極めること。
| オーラの泉/2007 | 13:54 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |