<< 木村彰吾さん | main | 小谷実可子さん >>
オーラの泉(2007/03/07放送)に、タレントの
鈴木紗理奈さんが出演。

○鈴木紗理奈さんのプロフィール

鈴木紗理奈(すずき さりな)
本名:宗廣華奈子(むねひろ かなこ)
生年月日:1977年7月13日
出身地:大阪府摂津市
血液型:A型


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →全力投球

・小さい頃なりたかった職業
 →歌手、自衛隊、極妻

・毎日欠かさずにすること
 →ありません

・好きな男性のタイプ
 →革命家

・人生の転機
 →上京したとき、父が亡くなったとき


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、10代の頃に一緒に仕事をしていた。
→美輪さんは不思議過ぎて若い頃は理解できなかった。

江原さんとは、初めまして。


○強い女性

小学校の頃、映画「ターミネーター」のリンダ・ハミルトンを
かっこいいと思い、筋トレを始めたり、「極妻」の岩下志麻さんに
すごく惹かれた。
→兄が3人、実家は土木建築会社、従兄弟は全員男だったので、
 学校に行くまで女の子と遊んだことが無かった。
 →自然に強い女性、権力のある女性に憧れた。

一番やんちゃだったのは、上京する前の高校時代。
→何も怖いものはなかった。

その頃、大阪で事務所の社長に声をかけられたのが芸能界
デビューのきっかけ。
→社長に気に入られて上京した。

英語が大好きで勉強をしていたので、アメリカへ留学するか
芸能界に入るかを迷っていた。
→親はここにいる子ではない、と許してくれた。
 →ここにいてもろくなものにならないから東京へ行かせた、
  と江原さん。


○父の他界

東京に来ても芸能人という自覚は無く、変わらずに遊んでいた。
→父が病気になっても、人が死ぬという実感があまり無く、
 大阪に帰っても友達と遊んでいた。

2001年に父が亡くなったとき、すごくショックで自分の人生への
自信がなくなり、全部打ち砕かれた。
→仕事も上手く行かない時期だった。
 →自分が嫌いになり、家で読書をしたり、英語を
  勉強したりした時期が3年ほど続いた。

父と一緒に過ごせる時間が短かったのは後悔している。
→父の夢を2年くらいすごく見ている。
 →今は地に足着いて歩いている自分を父に見て欲しい。

毎日、お父さんのことを思っている、と江原さん。
→忘れないように父の写真をたくさん飾っている、と鈴木さん。

お父さんは一番尊敬する人で、一番大好きで、一番強い人だった。
→強いものへの憧れは、お父さんに近づいて認められたいため。

揺ぎないお父さんがいたから、安心してやんちゃができた、と
美輪さん。
→必ず救ってくれる、という安心感。

父の死で強い人が滅びてしまい、安心感が無くなったため、
どうしていいか分からなくなった。
→どうしていいのか分からないので読書をした。

はっきり言うと素に戻った、と江原さん。
→父のお陰で強い自分でいられた。
 →虎の威を借る狐。

ノーメイクに自信が無いのは、自信の無さ。
→メイクをすることによって仮面レスラーのように鈴木紗理奈に
 なっている。
 →本当は繊細で弱い人。

本当の姿は実はそこ、と美輪さん。
→弱いからこそ引きこもりをしていた。
 →強ければ自分一人で歩んで行く。

典型的な天邪鬼(人の言うことにわざと逆らい意地をはる)、と
江原さん。
→わざと反対の方向に行くため、お父さんは大変だった。
 →本当はすごく出来る聡明な人。

天邪鬼はその通り、少数の方に惹かれる、と鈴木さん。
→反権力志向、判官びいき、と美輪さん。


○前世

前世は、アルゼンチンの女性。
→政治的に国が大変であり、政治運動などをしながら生きることに
 精一杯だった。
 →生き抜くために、良いことも悪いこともたくさんした。
  →子供はいたが若い頃に亡くなっている。

鈴木さんは、南米がすごく好き。
→チェ・ゲバラ(アルゼンチン生まれの革命家)も大好き。

本当は子供は大好きだが怖い。
→自分に責任がかかってくるため、育てる自信が無い。

前世は全て戦いの歴史。
→アマゾネスの前世もあった。
 →今世では、お父さんのお陰で戦いの歴史が終わった。

前世は全て女性であり、男装しているときもあった。
→反発心。
 →芸能界に入る前、男装に憧れたことがある、と鈴木さん。

男に生まれて来ないのは天邪鬼だから、と美輪さん。
→強くなりたいが男に生まれ変わるのは癪。

鈴木さんはラテン音楽も好き。
→タンゴ、レゲエなどを聞くと安心して肌に合い、落ち着く。


○革命家

チェ・ゲバラが好きで顔も好き。
→革命家の仲間に入れてもらえたら素敵、と思う。
 →伝記などを読むと血が騒ぐ。
  →芸能人だから歯止めが効いている。

今世では、戦いの人生から卒業するために生まれてきた、と
美輪さん。
→革命は大勢の人を救うために起こすもの。
 →自分を救えない者は、人も社会も救えない。
  →まずは自分を救うこと。
   →今は自分の中の革命。


○人生

ぱっと散ったほうがいい人生、と思ってはいけない、と江原さん。
→ぱっと散りたいから子供もいらないと思っていた、と鈴木さん。
 →お父さんはそれを望んでいない。
  →これからは人を幸せにする役目。

今の人生を無駄にしてはいけない。
→世の中には病気などで短い人生で終わる人もいる。

今までよく罰が当たらないなと思う、と美輪さん。
→美貌、スタイル、頭の良さ、健康、知名度があり、いろいろな
 人に愛されていて、やりたいことをやっている。
 →不足しているものが何もない。
  →恵まれていることに感謝すること。

年を取れば取るほど世の中は面白くなって来る、と美輪さん。
→いろいろなものを理解することができ、発見の連続。
 →長生きはするもの。

漫画家の水木しげるさんは「70歳になってから一週間に一遍
利口になっている」とおっしゃっていた。
→それを知らずに死ぬのは損なこと。
| オーラの泉/2007 | 17:11 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |