<< 小谷実可子さん | main | 佐渡裕さん >>
オーラの泉(2007/03/21放送)に、ヴォーカル&ダンスユニット
EXILE(エグザイル)のATSUSHIさんが出演。

○ATSUSHIさんのプロフィール

ATSUSHI(アツシ)
本名:佐藤篤志(さとう あつし)
生年月日:1980年4月30日
出身地:埼玉県越谷市
血液型:A型


○冒頭

お彼岸の彼岸とは、極楽浄土(天国)のこと。
→春分の日と秋分の日は、太陽が真西に沈み、仏教の説では
 その先に極楽浄土がある、と言われている。


○スピリチュアル・チェック

・趣味
 →ピアノ、読書

・毎日欠かさずにすること
 →瞑想、目を瞑って感謝すること

・最近、気になること
 →物にこだわり過ぎてしまう

・心惹かれるもの
 →ネイティブアメリカンの物

・不思議な体験
 →須藤元気さんがおっしゃっていたシンクロニシティ
  (偶然の一致)がかなりたくさんある

・将来の夢
 →世界進出


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは初めまして。

江原さんとも初めまして。


○スピリチュアルな世界

テレビをつけるといつも「オーラの泉」をやっている。
→普段はあまりテレビは見ないが、見るといつもやっているため、
 いつか「オーラの泉」に出ると思っていた。

スピリチュアルな世界については、感じざるを得ない境遇が
かなりある。
→興味もあり、信じている。


○シンクロニシティ

シンクロニシティ(偶然の一致)をよく感じる。
→京都に行ったとき、平安神宮に行こうとしていたが、タクシーの
 運転手が間違えて違う方向へ行ってしまった。
 →上賀茂神社へ着き、お参りをしたら数百年に一度の本堂を
  公開している時期だった。
  →霊感はあまりないが、神社の中の空気が全然違っているのが
   分かった。
   →風が吹いて神様が現れたような体験をした。
    →京都の人と話していたら、こんなことは滅多に無い、
     完全に導かれたね、と言われた。

次の日、京都で桜吹雪を見た。
→1日ずれていたら見れなかった。
 →雪のように桜の花びらが散っている風景を見て、桜の散る
  瞬間はなかなか見れない、と思った。

霊感体質とよく言われるが、あまり感じない。
→誰もが霊的な人なので、感度が良いか悪いか、と江原さん。
 →意識を向けていけば気付くようになる。
  →気魂が純粋で綺麗、と美輪さん。


○物へのこだわり

最近は、物にこだわり過ぎるのが気になる。
→自分の身を守る物、パワーを発揮できる物が常に無いと
 落ち着かない。
 →クリスタル、無農薬のシャンプー、食事(玄米)など。
  →敏感な体質のため、合わないものを体に取り入れると
   すぐに異変が起きてしまうため。

こだわり過ぎてしまうため、自分が正しいかどうか分からない、と
ATSUSHIさん。
→世の中は美意識に対して無頓着だが、美意識に基準を置いて
 いるのは、精神的に健康、と美輪さん。


○ネイティブ・アメリカン

高校生の頃からネイティブ・アメリカンの物に惹かれる。
→ネイティブ・アメリカンのタトゥも入れていた。
 →前世で経験したのではないか、と思う。


○前世

前世は、京都の公家。
→公家で神事を扱う係。
 →ネイティブ・アメリカンは、昔の日本の精神と共通して
  いるため、惹かれる、と江原さん。

将来の夢が世界進出なのは、雅なものに惹かれ、海外に出て
日本の文化を見つめ直す、というものが根底にあるため。
→最初は憧れだったが、具体的に考え始めたとき、世界
 (=多くの人)にメッセージを伝えたい、と明確になった。
 →伝えたいメッセージは愛。

食や水に一番こだわるのは、お供えを担当していたから、と
江原さん。
→神様へのお供え、お水取りなど。

潔斎をしているため、人の中に入ると面倒くさい(苦手)と
江原さん。
→潔斎とは、神仏に仕えるため酒肉を避け、心身を清らかに
 しておくこと。

甘ったれ、と美輪さん。
→甘ったれで自分に負けた時、欲や情は一体何なんだ、と
 考えて戦い、欲情に勝ち、最近は一人でいれるようになった、
 とATSUSHIさん。
 →人の中にいると、自分らしさが損なわれるのが嫌で、
  それがきつくなってきていた。

去年、相方が脱退したり、ポリープの手術を受けたりし、色々と
考える時間があった。
→魂の声に逆らってまで、欲や情に振り回されるのは
 馬鹿馬鹿しい、と考えるようになった。

昨日も誘いの電話が多く、普段会えない人からの連絡も全て断り、
家で一人で過ごしていた。
→「オーラの泉」に出て、世の中の人が見るため、自分が
 ベストの状態でいないと、と思った。

歌も歌っているので、世俗的な経験は大切だと思う、と
ATSUSHIさん。
→陰と陽を経験して歌詞に書いている。

行をしているときは、シャンソンが歌えなくなった、と美輪さん。
→世俗的な苦しみや悲しみを経験しないと歌は歌えない。


○オーラの色

オーラの色は、シルバー。
→シルバーのオーラは、職人気質、マイペース。
 →戯れて楽しい人ではない。
  →自分のこだわりを楽しみながら生きる人。


○わがまま

わがままな時代があった、と美輪さん。
→高校時代はとりつかれたように、目つきも変わっていて、
 全てに対して反発していた、とATSUSHIさん。
 →立ち直れたのは、元々の魂がきれいだから、と美輪さん。

立ち直ったきっかけは、目に見えない感謝せざるを得ない状況が
たくさんあったから、とATSUSHIさん。
→去年、相方が辞めた後、ポリープの手術をし、自分の存在価値、
 自分はメンバーから愛されている、もっと自分を大事にしないと
 いけない、ということに気付いた。

良いことも悪いことも、感じられることが幸せ。
→全ては良くなるためにある。
 →「生きてるだけで全てはOKさ」という歌詞を書いた。

好き放題は自分らしさじゃない、と美輪さん。
→悪いことをしているときは、どこかで罪悪感があった、と
 ATSUSHIさん。

35年くらい前から、世の中の価値観がひっくり返ってきた、と
美輪さん。
→悪いことがかっこいい、という誤解。
 →悪い人たちが自分たちを正当化するため、正しい人を
  非難し、マスコミもそれに便乗してしまった。
  →最近は悪いことは悪い、と軌道修正するように変わって
   きつつある。


○もう一つの前世

もう一つの前世は、インドの錬金術師。
→金が好き、とATSUSHIさん。

前世では特殊な仕事ばかりしていた、と江原さん。
→ATSUSHIさんは、世間一般にある仕事は自分に向かない、と
 小さい頃から思っていた。


○守護霊

守護霊は、雅楽奏者。
→今後は音楽の枠を外し、自分なりの表現に向かう、と江原さん。
 →クラシック、ポピュラー、ブラックミュージックも色々な
  要素の一つ。
  →色々な要素を吸収し、将来は独特な音楽を作り上げる。

ネイティブ・アメリカン、ブラックミュージックなどに興味は
あるが、日本人だなぁ、と思う、とATSUSHIさん。
→海外に行くと文化が合わない。
 →相手を思いやる心が好き。

行き過ぎるのは注意、と江原さん。
→飲むときは飲んでしまうため後悔する、とATSUSHIさん。
| オーラの泉/2007 | 16:57 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |