<< 島田洋七さん | main | 香里奈さん >>
オーラの泉(2007/05/12放送)に、タレントの
勝俣州和さんが出演。

○勝俣州和さんのプロフィール

勝俣州和(かつまた くにかず)
生年月日:1965年3月12日
出身地:静岡県御殿場市(宮城県仙台市生まれ)
血液型:O型


○冒頭

勝俣さんからのメッセージ。
→人は一人では生きていけないと強く思っております。
 そして、私の人生は人との出会いによって変わってきたと
 感じております。
 今日はこれからの私の人生の進むべき道を教えていただければ
 と思っております。
 どうぞよろしくお願いいたします。


○スピリチュアル・チェック

・自分の性格
 →誉められるとどこまでも伸びるお調子者

・苦手なもの
 →閉所恐怖症
  ウエットスーツを着るのも嫌

・毎日欠かさずにすること
 →その日にあった「ありがとう」をお星様に伝える

・最近気になること
 →人の心の温度が下がっていることを感じる、感謝の気持ち
  人を傷付けることを平気ですることがすごく嫌

・人生の転機
 →劇男 一世風靡に出会えたこと
  萩本欽一さんに出会えたこと


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、デビューした頃に出会っている。
→初めて会ったのに「愛してるわよ」と言われ、びっくりした。
 →金色の名刺をいただき、いつもお守りとして持っている。
  →純粋な人が大好き、と美輪さん。
   →勝俣さんは複雑だけど純粋な人。

江原さんとは、約3年前に番組でご一緒した。
→後頭部辺りに気をつけて、と言われた。
 →去年初めて人間ドッグへ行き、生まれたときからある脳の
  血管のこぶが破裂すると危険だ、と言われた。


○人生の転機

劇男 一世風靡のストリートパフォーマンスを見て、根性を
付けようと思い、一世風靡に入った。
→タレントになろうとは思っていなかった。
 →おばあちゃんからテレビに出る人は怖い職業の人、と
  言われていた。
  →昔は物書きと芸人と株屋は正面玄関から入れるな、と
   言われていた、と美輪さん。

もう一つの転機は、萩本欽一さんと出会ったこと。
→番組でアイドルグループ「CHA-CHA」として一躍有名に
 なったが、番組終了後は芸能界が合わないため、引退しようと
 思っていた。
 →悩み事は萩本欽一さんに相談し、いつも人間的なことを
  教えてくれていた。
  →話しているうちに、お笑いは優しさから生まれることが
   分かり、お笑いを続けることにした。
   →きれいなお笑い。

冗談でも人の首から上に手を上げるものではない、と美輪さん。
→平気で頭をぶって馬鹿にする連中が多すぎる。
 →最近は優しさがない、元気になるテレビ番組を作りたい、と
  勝俣さん。


○早起き

夏は4時、冬は5時に起きる。
→寝るのは12時前後。
 →朝早く働いている人を見るのが好き。

美輪さんは、絶対に睡眠時間は削らない。
→7〜8時間は寝ている。

睡眠中はスピリチュアルな世界に帰っている、と江原さん。
→睡眠はすごく大事。
 →気が付いていないだけで、知恵も授かっている。

人生の切り替え時はすごく眠くなる。
→最近すごくよく寝る、と勝俣さん。
 →切り替え時、と江原さん。
  →人生の切り替え時は、眠くなったらしっかり眠ること。
   →自分や周りの環境が変わることが起きやすい。


○出会い

子供と奥さんに会えてよかった、と思う。
→出会っていなければ、ダメになっていたと思う。
 →気持ちが乾いていた、と美輪さん。

おじいさんが見える、と美輪さん。
→おじいさんが大好きだった、と勝俣さん。
 →職人で男気のある人。
  →勝俣さんが働く人を見るのが好きであり、一世風靡に
   入った要因。


○前世

足が常に自由に動けないと不安ですか、と江原さんが質問。
→子供の良いところを捨てて大人になりたくない、と勝俣さん。
 →子供の元気さが好き。

前世は行者。
→病気で足が不自由だった。
 →今は元気に動けることに喜びを感じる。

病気への恐れ、社会への閉塞感など、自由を失う恐怖心は
そこから出ている。
→勝俣さんは、繊細で心配性だが元気さで補っている。

おじいちゃんは片足が義足だった、と勝俣さん。
→動けることへの感謝があるから元気、と江原さん。


○守護霊

守護霊は行者。


○念力

不自由な過去世があると、念が強い。
→勝俣さんはものすごく念力が強い。
 →仕事仲間で行儀の悪い人がいたりすると、その人が
  いなくなる。

会社勤めでは、逃げようとしても逃げ場が無い。
→人との付き合い方は腹六分が良い。
 →会社に嫌な人がいる場合は、仕事と割り切れば良い。
  →職場で友達や恋人を作ろうとするのは横着。

見ざる、聞かざる、言わざる、と美輪さん。
→嫌な話はたくさんあるが、聞かなければ良い。
 →悪口を言うと、自分の口から悪い気が出て、自分も
  不愉快になってしまう。
  →ネガティブな話をされたら、ポジティブな話に
   自分から切り替えるようにすると良い。


○お叱り

結婚と子供が勝俣さんを助けるようにやって来て、
仕事への熱意と忍耐力を与えてくれた、と江原さん。
→良い意味での重しになり、地に足着けるようになっている。

おじいさんからお叱りがある、と江原さん。
→家庭でも仕事でも、心の中が散らかった状態。
 →仕事は好きだが疲れていて、暗中模索。
  →明日をどうしようか、という気持ち。

このままいたらずっと同じ仕事は出来るが、同じことを
繰り返していても、と勝俣さん。
→足元をしっかり固めて、考え過ぎないように、仕事は
 仕事として維持して徹していくことが大事、と江原さん。
 →今は仕事に徹する気持ちがぐらついている。

ここで江原さんは勝俣さんに内緒話。
→終わった後、すごいですね、と勝俣さん。
 →焦ることなく冷静に、と江原さん。
  →誰にも相談していないことを言われた、と勝俣さん。


○オーラの色

オーラの色はきれいな赤。
→赤のオーラは情熱。
 →もともとは繊細で悩む人だが、情熱で克服しているのは立派。

人の言葉に影響を受けやすい、と江原さん。
→人の言葉には悪い部分もあるため、慎重に行動すること。

大きな買い物、不動産は控えるように、と江原さん。
→大きな仕事もしないほうが良い。
 →計画を固めて、悔いのないようにすること。

念力を強くするには、ビジョンを常に映像として具体的に
浮かべていくこと、と江原さん。
→人間は目的を持つとそこに行く。
| オーラの泉/2007 | 17:37 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |