<< 黒沢年雄さん | main | 佐藤江梨子さん >>
オーラの泉(2007/06/16放送)に、タレント・俳優の
大泉洋さんが出演。

○大泉洋さんのプロフィール

大泉洋(おおいずみ よう)
生年月日:1973年4月3日
出身地:北海道江別市大麻
血液型:B型

1995年、北海道テレビの深夜番組に出演し、芸能活動開始。
1996年、北海道テレビの深夜番組「水曜どうでしょう」に出演。
2006年、ドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」に
主演。


○冒頭

大泉洋さんからのメッセージ。
→この番組ほど出たかった番組はありません。
 この番組を見て、花を大切にするようになったり、
 不幸な事も受け入れる事が出来るようになりました。
 私も何かあるから今回呼ばれたのだと思います。
 素敵なメッセージをよろしくお願いします。


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →優柔不断

・ストレス解消法
 →料理を作ること

・好きな言葉
 →一期一会

・とてもリラックスしています、どこにいますか
 →沖縄

・不思議な体験
 →仕事で四国のお寺を回ったとき、あるお寺でカメラが
  異常な動きをしたり、ライトが切れたりした
  また、どこに行くにも雨が降っていて、行きたいお店が
  いつもやっていない

・人生の転機
 →東京の大学に落ちて、北海道の大学に入り芝居を始めたこと
  全国放送のドラマに出演したこと


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、以前お会いしたことがある。

江原さんとは、初めまして。


○沖縄

北海道には住んでいるため、休みを取ると沖縄に行く。
→北海道の人は、暖かいところに憧れがある。


○繊細な人

本当の大泉さんは違う、と江原さん。
→普段は明るいが、本当は繊細でものすごく勘の良い人。
 →特異で複雑怪奇な人生を送っている。


○人生の転機

人生の転機は、東京の大学に落ちたこと。
→2浪して、色々な大学を受けたが全て落ちた。
 →仕方なく北海道の大学に入り、劇団「TEAM-NACS」の仲間と
  出会った。
  →能動的に動かないタイプだったが、初めて自分から
   行動した。

もう一つの転機は、北海道のテレビ番組「水曜どうでしょう」で
ブレイクしたが、このままでは先が不安なため、東京でも仕事を
しようと決めたこと。
→きっかけは「パパパパPUFFY」に出演したこと。
 →その後、スタジオ・ジブリに「水曜どうでしょう」のファンが
  いたことがきっかけで、映画「千と千尋の神隠し」に番頭蛙の
  声優として出演。
  →全部神様が決めたプログラム、と美輪さん。
   →大学を落としたのも神様。


○北海道

今はどこまでが東京でどこまでが北海道、という狭間にいて大変、
と江原さん。
→自分のポリシーを捨てることは出来ず、求められる要求は
 多くなる。
 →誰も悲しませたくない、という心情があり、揺れ動いている。
  →北海道への義理。

環境の変化をあまり望まない、野望や野心は無い、と大泉さん。
→このままの状態が続けば良いが、要求が増えると東京在住と
 変わらなくなってしまう。
 →北海道にこだわるには意味がある、と江原さん。


○不思議な体験

四国のお寺八十八ヶ所巡りの仕事があり、あるお寺で
夜の撮影中、ビデオカメラが止まった。
→収録後にチェックしたら、何も撮れていなかった。
 →再度撮影に行ったら、ライトが消えてしまった。
  →ライトを交換して収録したが、北海道に帰ってVTRを見たら
   映像はノイズだらけだった。
   →その後に収録したものは、ちゃんと映っていた。

その後、半年間くらいは原因不明の体調不良になった。
→人前に出ようとすると、吐き気がした。
 →医者で全部調べても、何も悪いところは見つからなかった。

ある霊能者からは「ずいぶんたくさん連れていた」と言われた。
→その霊能者がお祓いをしてくれているはず、と江原さん。
 →ある日を境に急に良くなったのはそのお陰。

大泉さんは霊を連れて回る体質。
→日常でも色々なことを察知し、人に会うことを止めていることが
 たくさんある。
 →インスピレーションで動く人。

優柔不断ではなく神経質、と美輪さん。
→色々なことを考え過ぎて、どこか臆病。
 →大雑把な一面もあるが、第三者が関わることには慎重。

音や音楽、光に敏感で神経質、と美輪さん。
→何かあると起きる、目覚ましでは必ず起きる、と大泉さん。


○前世

前世は、アイヌ民族の長。
→一族は最後に滅びている。
 →士気を高めるために、歌、踊り、会話をして笑わせ、
  希望を持たせていた。
  →光と音に敏感なのは、常に襲われる危険性があったため。

大泉さんは、もう一度北海道に生まれ、北海道を元気づけている。
→何があっても縁は切れない。
 →愛郷心、と美輪さん。
  →日本中の劇団で長続きしているのは、前世で何かの組織を
   引きずっている人が多い、と美輪さん。

今は仲間たちの足並みが今一つ、と江原さん。
→それをどう乗り越えるか、という時期に来ているが、
 逆にほじくらない、気にし過ぎないこと。
 →問題があっても触れないで流すことも必要。


○守護霊

守護霊は、大泉さんの先祖のお侍さん。
→大泉家の平和、繁栄のために働いている。

大変なお役目を持っている人、と江原さん。
→北海道に対する償い。


○妄想癖

物を書くのが好きなはず、奇想天外な妄想癖がある、と
美輪さん。
→妄想を脚本に生かすとものすごく面白くなる。
 →書きたいという思いはあるが、怠け者。
  →書くのが面倒臭い場合は、テープに録音すればいい、と
   美輪さん。
   →歌はテープに録る、と大泉さん。
    →これからもっと歌を歌う、それでブレイクする、と
     江原さん。


○オーラの色

喉の辺りのオーラの色が悪い。
→喉が弱いため、歌うとすぐに腫れてしまう。
 →喉が弱い人に限って、歌をやる人が多い。

心臓にも注意、と江原さん。
→たまに痛くなる、と大泉さん。

呼吸法を間違えている、と美輪さん。
→口から息を吸うのではなく、鼻から息を吸うこと。
 →鼻はフィルターのため、口呼吸だと風邪をひきやすい。
  →鼻呼吸なら体も丈夫になる。

オーラの色は、金のオーラ。
→金のオーラは英知。
 →霊的な世界から可愛がられる人の典型。
  →純粋な人は可愛がられる。
| オーラの泉/2007 | 17:59 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |