<< 東山紀之さん | main | 高見沢俊彦さん >>
オーラの泉(2007/07/14放送)に、「KinKi Kids(キンキ キッズ)」
の堂本光一さんが出演。

○堂本光一さんのプロフィール

堂本光一(どうもと こういち)
生年月日:1979年1月1日
出身地:兵庫県芦屋市
血液型:B型

1992年、堂本剛さんとグループ結成。
1997年、CDデビュー。


○冒頭

夏の風物詩が減ってきている。
→人の心が荒れる原因。
 →風情は心の栄養剤。


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →自分に対して嘘つき

・得意だった科目
 →理科

・気持ちが充実しています、何をしていますか
 →仕事

・将来、どんな家庭を作りたい
 →両親が築いたような素敵な家庭

・不思議な体験
 →手を見た
  母も同じ手を見ていた


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、初めまして。

江原さんとは、番組で一度お会いしたことがある。


○スピリチュアルな世界

スピリチュアルな世界に対しては、半信半疑。
→理科が大好きなので、自分で解決したい。

シニカル、と美輪さん。
→皮肉にものを見る所がある。
 →自分自身に対してもそう、と江原さん。
  →自分の悪い面ばかりを見ようとする。


○性格

性格は、自分に対して嘘つき。
→片付けや掃除は嫌いだが、片付けないと気が済まない。
 →仕事で疑問に思うことがあっても、やるべきことだ、と
  自分に言い聞かせている。

舞台で仕事をしているのは大好き。
→自分が王様でいられて、確実に自分があるから。
 →自分を表現できる場所。

人見知りは激しい。
→番組ではカメラが回っていると話ができる。
 →カメラが回っていないと話せない。

自分のことを語るのが得意ではない。
→自分のことを一番わかっているつもりだが、わかって
 いないのかもしれない。
 →自分の思っている自分は、言葉で表せない自分かも
  しれない。


○不思議な体験

金縛りにあったとき、目の前に手が動いていた。
→明らかに自分の手ではない。
 →恐怖が襲ってきたが、そのまま寝てしまったら、その日は
  何もなかった。
  →同じ日に東京のホテルで母と姉が寝ていたが、姉は
   うなされていて、母は壁から手が出ているのを見ていた。
   →兄弟姉妹の絆で察知する一種のテレパシー、と江原さん。

沖縄でミイラのようなおばあさんの顔を見たこともある。
→目だけはすごく怖かった。
 →土地の霊、と江原さん。
  →堂本さんは勘が鋭いので、見やすい。

霊を信じたくない、と堂本さん。
→信じて深く関わると、気に病んでしまうため。

一番怖かったのは、撮影で熱海に行き、歯を磨きながら鏡を
 見たら、水色のTシャツを着た人が見えた。
 →何かの間違いじゃないかと思い、歯を磨いていたら
  また見えた。
  →それでも信じずに寝ようと思い、電気を消そうとした
   瞬間に全部の電気が消えてしまった。

撮影でカメラが動かなくなったことは、しょっちゅうある。


○段取りマニア

オーディオは大好き。
→配線に気をつけるように、と江原さん。
 →配線が大好き、と堂本さん。
  →電化製品の接続は全て自分で出来る。

段取りマニア。
→効率が良いのが好き。
 →自分が王様で、自分の主体性で生きていられるエリアが好き。
  →一人の場所のほうが好き。


○家庭

いずれ家庭が持てればいいと思っているが、結婚についての
計算はしていない。
→自分の家族のような家庭を作るのが目標。
 →親の対応などで、自分がすごく幸せでいられる。

程良い家庭で育った、と美輪さん。
→愛情過多、過干渉、放任主義でもなく、バランスが取れている。


○堂本剛さん

「KinKi Kids(キンキ キッズ)」の堂本剛さんと血縁関係は無いが
同じ苗字。
→初めて会ったのは、横浜アリーナ。
 →ジャニー喜多川さんに紹介された。
  →ジャニー喜多川さんは、縁を結びつける能力がある、と
   江原さん。

堂本剛さんとは先祖の結びつき、と江原さん。
→先祖を辿ると、助け合っている姿が見える。

今でも意識をしなくても助け合っている。
→性格は正反対だが、持ちつ持たれつの関係。
 →お互いに嫌な部分は反面教師になっている。
  →お互いに分かりすぎるくらい分かるが、寛大でいられる。

お互いが出る場所、引く場所は、話さなくても自然とできる、と
堂本さん。
→以心伝心。


○オーラの色

オーラの色は、紫。
→紫のオーラは、情愛。

ボーっとする時間が多い、と江原さん。
→考え事をしていて、気付くと時間が経っている。
 →魂が違う所へ行ってしまう、と江原さん。
  →離魂病。

頭の上のオーラは、強い光を放っている。
→瞬時に色々な所へ思いが行く人。

首が疲れやすい、と江原さん。
→自分の持つパワーに疲れてしまう。
 →それほど大きなエネルギーを持っている。


○前世

前世の映像がとらえにくい、と江原さん。
→前世は、古い時代の南米かスペインの高貴な家系の息子。
 →来望を集める立場だったが、自分はまだ足りない、という
  意識が常にあった。
  →堂本さんが絶対に自分に満足しない要因。

常にもっと何かできるだろう、と思っている。
→向上心につながり、自惚れないで済む、と美輪さん。
 →満足した人は天狗になってしまう。


○守護霊

仕事では、天候の変化が激しい、とよく言われる。
→天気予報は当たらず、雨が降った後にすぐに晴れたりする。
 →龍神系霊のエネルギー(自然霊)の人に多い。

守護霊は、横笛を吹いている牛若丸のような人。
→公家の関係。
 →堂本さんは音と耳に敏感。
  →ステージには音が溢れているので、水を得た魚に
   なれる場所。

守護霊さんは、健康だけに注意するように、とおっしゃっている。
→今は迷いから抜けた時期。

2年前には迷いがあった。
→考え込み出すと、周りもどうしようもなくなる。
 →今振り返ってみると、周りの意見が役に立っている。
  →自分に自信が出来てきた、と美輪さん。
| オーラの泉/2007 | 17:33 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |