<< 高見沢俊彦さん | main | 天国からの手紙 2007/08 >>
オーラの泉(2007/08/04放送)に、歌手・女優の
小林幸子さんが出演。

○小林幸子さんのプロフィール

小林幸子(こばやし さちこ)
生年月日:1953年12月5日
出身地:新潟県新潟市中央区
血液型:A型


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃はどんな子供
 →世話好き

・性格を一言で言うと
 →臆病で怖がり

・毎日欠かさずにすること
 →天国に行った両親にお参り

・仕事で一番辛かったこと
 →デビューして15年間、ヒット曲に巡り会えなかった

・一つだけ願いが叶うとしたら
 →来世、違う国で違う国の歌を歌っている歌い手になりたい


○歌手

願いが叶うとしたら、生まれ変わっても違う国で歌手になりたい。
→今年でデビュー44年目だが、もっと歌わなきゃ、時間が無い、と
 焦っていた、と小林さん。

前世でも歌っていた、と江原さん。
→今回は前世の続き、と美輪さん。

小林さんは、歌だったら何でも歌える人。
→演歌以外もコブシを入れないで歌える。

前世はヨーロッパの人、と江原さん。
→紅白歌合戦の演出では、パリのレビューのスタイル。
 →演歌でも見せることが条件でないとこれからは成立しない、
  と小林さん。
  →紅白の衣装で賛否両論はあったが、自分に素直に聞くと
   やりたい、という結論になった。

○歌手デビュー

歌手になったきっかけは、古賀政男さん(昭和を代表する作曲家)
が審査委員長をしていた素人ものまねの番組。
→実家は精肉店であり継ぐつもりだったが、小学校4年のときに
 父親に東京見物に連れて行かれた。
 →父は内緒でその歌番組に応募していた。
  →父は東海林太郎さん(戦前を代表する歌手)に憧れていて、
   歌手になりたかったが、諦めていた。

10歳でレコードデビューが決まり、四谷三丁目で一人暮らしを
始めた。
→父は大賛成、母は猛反対。
 →親族会議を開いてもどうにもならない状態になり、最終的には
  小林さん本人にやりたいか、やりたくないかを聞かれた。
  →自分は歌手になりたい、と言い、言った以上は「帰りたい」
   「寂しい」とは言えなかった。

10歳で「ウソツキ鴎(かもめ)」でデビューし、20万枚のヒット。
→「第2の美空ひばり」と呼ばれたが、次の曲からは
 スケジュールが真っ白になってしまった。
 →美空ひばりさんの母親が、レコード会社の社長に「第2の
  美空ひばりが出て来たらしいじゃない、第1のひばりは
  いらないってことね」と、冗談で言ったため。
  →急に仕事が無くなった。

歌手の仕事は無くなったが、子役として映画に出演できる
チャンスが与えられた。
→それ以降、美空ひばりさんは可愛がってくれた。


○新潟地震

昭和39年、新潟地震が発生し、実家は商売を続けられなくなった。
→一家は東京に出てきて一緒に暮らしたが、生活費を生み出す
 手段が無かった。

ある人から夜のステージなどで歌うと、その日に給料がもらえる
仕事を紹介してもらった。
→実際は15歳だったが、18歳とごまかして歌い続けていた。
 →自分はそうでもなかったが、両親は辛かったと思う。


○歌の神様

15歳の頃は女性っぽい歌を歌いたかったが、どんなに化粧をしても
15歳は15歳だった。
→20歳になり、やっと歌える、と思ったらアグネス・チャンなどの
 アイドルの時代になってしまった。
 →全て時代と逆行していたため、歌の神様に捨てられた、と
  思っていた。

歌を歌うことは大好きだった。
→民謡、ジャズ、シャンソンなど、そのお店に合う歌を練習して
 歌っていた。

仕事で一番辛かったことは、15年間ヒット曲に巡り会えなかった
こと。
→15年目で「おもいで酒」がヒットした。


○前世

見える前世は全部歌っている人生、と江原さん。
→一番手前の前世は、フランスの歌手。
 もっと古い前世は、カストラート。
 →ベルカント唱法(イタリアで18世紀に成立した歌唱法)では、
  コブシを回すため、小林さんはコブシがすぐに出来た。

前世では、親元を離れて寄宿舎で生活していた。
→小林さんは、苦労に耐える力を持っている。


○歌

小林さんはどこか少年っぽさがある、と江原さん。
→魂の気質は、男の子みたいな人。
 →真っ直ぐで無邪気。

物欲が無い、と小林さん。
→普通の女性が欲しがるような物は欲しくない。
 →欲しい物は、仕事に関わる物ばかり。

仕事にお金はかけるが、自分でお店を経営するのは嫌。
→苦労ばかりが多いから、と思ってしまう。
 →前世でフランスの歌手のときは、経営に失敗しているため。
  →余計な事は気にせず、歌だけを歌っていたい、という
   気持ちが強い。


○土地の神様

非常に土地の神様に愛される人、と江原さん。
→住む場所、行く場所それぞれでお参りをしているため、
 土地に守られている。
 →事務所を移転する度に大きな仕事が入る、と小林さん。
  →土地の自然霊や氏神様に可愛がられている。

地鎮祭はお祓いだけでなく、共存共栄をお願いするもの。
→お米は撒くのではなく、差し上げるもの。


○実務とアーティスト

今までは前菜、これからはメインディシュ、と美輪さん。
→自分でアイデアを出したり、新しい自分のスタイルの
 日本の歌を開発して歌うこと。
 →これからは、どのジャンルにも属さない歌の時代に
  突入する。

両親は背負い過ぎてはいけない、とおっしゃっている、と
江原さん。
→もっと自分が生きやすいようにすること。
 →みんなのことを考え過ぎていたら、歌への力が分散して
  しまい、歯がゆくなって、苦しんでしまう。

演歌のお客様を大事にする責任感を持ち過ぎている、と美輪さん。
→演歌は生活のためにやり、他のところで新しいジャンルを
 開発すれば、解放されて楽になり、新しいファンも広がる。
 →実務とアーティストのバランスが重要。


○数珠

毎日欠かさずにすることは、天国に行った両親にお参り。
→今朝、いつものようにお線香をあげて、数珠を持った瞬間に
 割れてしまった。
 →縁起は悪くない、と江原さん。
  →解き放たれているということ、と美輪さん。
   →様々な煩悩から解き放たれなさい、という意味。
| オーラの泉/2007 | 17:45 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |