<< 山田邦子さん | main | ドリーム・プレス社に江原啓之 >>
オーラの泉(2007/09/15放送)に、俳優の梅沢富美男さんが出演。

○梅沢富美男さんのプロフィール

梅沢富美男(うめざわ とみお)
本名:池田祐司
生年月日:1950年11月9日
出身地:福島県福島市
血液型:B型

梅沢武生劇団の女形で有名になり「下町の玉三郎」と呼ばれる。
1982年、演歌「夢芝居」がヒット。


○冒頭

・今夜一番聞きたいこと
 →舞台に立っている時、ある方から「体に龍がとぐろを巻いて
  絡み付いている」と言われたことがある。
  →龍の正体を聞きたい。


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →一本木で曲がったことが大嫌い

・元気の源
 →舞台

・怖いもの
 →爬虫類

・好きな言葉
 →愛

・ストレス解消法
 →人の悪口は言わない、陰口を叩かない
  →母親から教えてもらった

・尊敬する人
 →親父、母親、兄貴

・不思議な体験
 →つい最近、舞台で人間の力では考えられない力を出して
  人を助けた


○神様を信じない

オーラの泉は好きでよく見ているが、スピリチュアルな世界は
あまり信用するタイプではない。
→占いも信用せず、自分の人生は自分で決めるタイプ。
 →神様に手を合わせたことも無い。
  →手を合わせるのは、父親と母親のお墓だけ。

舞台を神主さんにお祓いしてもらったが、すぐに舞台装置が
故障して、1時間宙吊りにされたこともある。
→信じないから、信じる者は救われる、と美輪さん。


○不思議な体験

8/4に花道のせりで座長の梅沢武生(兄)と二人で上がったら、
兄が「足を挟んだ、助けてくれ」と言った。
→指の入る隙間もなかったが、瞬間的になぜか太い指が入り、
 3.5センチほどの厚い檜の板を剥がした。
 →兄は骨折したが、もう少し遅れていたら切断の危険があった。

舞台の修理に来た人は、人間の力では剥がせない、と言っていた。
→真心があれば、どんなことも可能になる、と美輪さん。


○蛇

子供の頃、田んぼのあぜ道を歩いていたら、穴が開いていて
蛇が300匹くらい絡み合っていた。
→農作業しているおばちゃんに「この子は出世しますよ、
 こんなものは見れない」と言われた。

分宿でおじいさんとおばあさんが住んでいる家に預けられたとき、
昼寝をしていたら、頭の上に何かが落ちてきた。
→振り向いたら2匹の太くて長い蛇がねずみをくわえていた。
 →爬虫類は嫌いなため、ほうきを持って殴ろうとした。
  →おじいさんに止められ「これはうちの主だから」と言われ、
   お酒とお米をお供えし、障子を閉めた。
   →10分後、障子を開けたら蛇はいなくなり、お酒も
    なくなっていた。
    →おじいさんは先代のおじいさんから主がいる、と
     言われていたが、初めて見たため「君はきっと出世
     するよ」と言われた。


○母の声

九州で公演中に、東京で母親が亡くなった。
→母の容態が気になって、舞台の化粧ができなかった。
 →化粧できずにボーっとしているときに「トンちゃん!」という
  怒った母親の声が聞こえた。
  →すぐに付き添っている奥さんに電話したら「なんで
   分かったの、今亡くなったよ」と言われた。

舞台に出なさい、というメッセージ、と江原さん。
→全ての愛情が一言に込められている。

母親は信仰深かった。
→梅沢さんとは正反対。
 →梅沢さんは母親の徳をいただいている、と美輪さん。

スピリチュアルな世界を信じないのは怖いから、と江原さん。
→男らしい人ほど怖い。
 →良いことは聞きたいが、嫌なことは聞きたくない。

怖い、と梅沢さん。
→お化けやオカルトの話はダメ。
 →根がすごく優しく、家族を守りたい気持ちが強いため、
  ネガティブな話は嫌。

甘ったれなところがある、と美輪さん。
→母親と兄が人間的に立派だから。
 →座長の兄は一歩引いて、梅沢さんをスターにしている。


○天才子役

1歳7ヶ月でデビューし、「伊那の勘太郎」を踊った。
→「天才子役現る」と新聞記事に出た。
 →デビューしたときからスターだった。

小学校に通うため、福島のおばあさんの家に預けられた。
→家は裕福だったがテレビや映画がヒットしたため、舞台に
 客が来なくなり、急に貧乏になってしまった。
 →小学校3年生の頃から新聞配達のアルバイトをした。

金偏ブーム(鉄などの金属が高騰し、子供の鉄くず拾いが流行)が
起こり、工場へ鉄を拾いに行った。
→工場長に見つかってしまったが、その奥さんから「トンちゃん」
 と言われた。
 →奥さんは、母親(娘歌舞伎の座長)の弟子だった。
  →母親に連絡し、兄が迎えに来てくれた。
   →兄は情けなくて泣きながら、父親に「俺が面倒を見るから
    この子を福島から出してくれ」と言った。
    →兄の元で、また役者の道を目指すことになった。


○下町の玉三郎

女形をやるようになったきっかけは、兄の一言。
→色々な役をやったが女形だけはやっていないので、
 「やってみろ」と言われた。
 →とても嫌だったが、座長の言うことを聞いた。

どう勉強していいか分からなかったが、女性を見て勉強した。
→役者は見て真似ろ。

「下町の玉三郎」として活躍し、舞台以外にも活躍の場を広げた。
→ドラマ「淋しいのはお前だけじゃない」への出演、歌手として
 ヒットを飛ばす。


○守護霊

守護霊は、遊び人(呉服問屋の若旦那)。
→お茶屋遊び(芸妓や舞妓さんとお座敷で遊ぶゲーム)を
 全部した人。
 →梅沢さんが着物の生地は良い物を選ぶ要因。

中心の守護霊は、行者さん。
→守護霊さんは「舞台に立つときはお祓いをしている」と
 おっしゃっている。
 →奈落(舞台床下の空間)に入ったら必ず言う、と梅沢さん。


○前世

前世は、守護霊でもある遊び人。

他の前世は西洋人。
→アメリカ大陸に渡り、カウボーイハット、ブーツ姿で馬に
 乗っている。
 →和の雰囲気の人ほど前世が西洋人の人が多い。

カウボーイになりたかった、と梅沢さん。
→小さい頃からカウボーイが大好きで、帽子や鞍、チャップスを
 買い揃えている。


○龍

母親は、常に信仰深かった。
→そのお陰で梅沢さんの後ろは神様のオンパレード、と美輪さん。
 →龍神、天狗、稲荷などがたくさんついている。
  →舞台に現れた龍は、梅沢さんを守る龍神の姿。

普通なら1つの神様が守っていたら、他の神様は手を引く。
→たくさんの神様が助けてくれるのは、母親が純粋だったから。
 →自分の欲だけでお参りに行っても、神様は動かない。


○母親

母親は「目を大事にすること」「腰を大事にすること」と
おっしゃっている。
→右目は病気になり視力が上がらない、腰は何十年も苦しんでいる
 と梅沢さん。

母親は仕事では鬼のように厳しく、プライベートでは優しかった。
→今でも梅沢さんの体を心配している。

母親は「ギャンブルで負けた時に機嫌悪くなるのはやめなさい」と
おっしゃっている。
→中途半端なことは嫌いなため、競馬の馬主になるなど、かなり
 お金をつぎ込んでいる。
 →自分の勘を頼りすぎる、と美輪さん。
  →カウボーイの前世の影響もあるがほどほどに。

母親は白血病になり、医者から「もっても半年」と言われた。
→好きなことをさせるために母親に聞いたら、台湾に行きたい、
 と言われた。
 →母親は少女歌舞伎の座長の時、慰問で台湾へ行っていた。

台湾の劇場の跡地へ行ったら、母親は泣き崩れた。
→急に元気になり、その後10年以上生きた。
 →子供が大劇場の舞台で1番になるまで死ねない、と
  言っていた。
  →その後、梅沢武生劇団は、連日の大入りを記録。

母親は、命を差し出しますから息子たちを大舞台に上げて
ください、とお願いした、と美輪さん。
→命を差し出す覚悟はできていた。
 →信心深かったのに白血病になるのだから、神も仏も
  あるものか、と思わないで欲しい、と美輪さん。
  →実際に梅沢さんは母親に同じことを言っている。
| オーラの泉/2007 | 18:18 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |