<< ブラボー日本に美輪明宏 | main | オーラの泉が伝えたメッセージ >>
オーラの泉 新春スペシャル(2008/01/12放送)に、お笑い芸人の
陣内智則さんが出演。

○陣内智則さんのプロフィール

陣内智則(じんない とものり)
生年月日:1974年2月22日
出身地:兵庫県加古川市
血液型:A型

1992年、吉本興業の大阪NSCに入学し、同級生とお笑いコンビ
「リミテッド」を結成。
1995年、「リミテッド」解散。
1999年、テレビ番組「ちちんぷいぷい」にレギュラー出演。
2003年、お笑い番組「エンタの神様」に出演。
2007年、女優の藤原紀香さんと結婚。


○冒頭

今日、一番聞きたいこと。
→仕事のこと。
 格差婚と言われているので、格差をどのようにすれば縮められて、
 追い越せるのか。


○スピリチュアル・チェック

・性格を一言で言うと
 →短気、わがまま

・毎日欠かさずにすること
 →数珠を毎日付けている

・ストレス解消法
 →神社に行くと落ち着いて安心する

・好きな女性の仕草
 →一生懸命にのめり込んで集中している姿

・印象に残っている夢
 →ビルの上から落ちたり、観覧車から落ちる夢

・人生の転機
 →吉本興業に入って1人で活動したとき
  結婚


○神社

昔からスピリチュアルなものは気になっていた。
→奥さん(藤原紀香さん)は、スピリチュアルなことが好き。
 →結婚してから「神社に行ったほうがいい」と言われる。


○数珠

数珠をつけるのは、藤原紀香さんの影響。
→陣内さんの体調や気分に合わせた数珠を調べて、毎朝渡して
 くれる。
 →今日は3つの数珠をしている。
  多いときは6つくらい。
  →6つはちょっと行き過ぎ、と江原さん。

数珠の石の効果。
→タイガーアイは、発言にインパクトを与える。
 水晶は、空気を浄化。
 ラピスラズリは、心を落ち着かせる。

数珠やパワーストーンはお友達。
→依存するのではなく、共存共栄で助け合うもの。


○亭主関白

陣内さんは人から強要されるのが大嫌い。
→亭主関白で頑固。
 →テレビではそう見えないが、世間が思っているのと逆の関係。

自分が先でないと嫌。
→本当に愛している人の言うことしか聞かない。
 →奥さんのことは余程愛している。


○リミテッド

お笑いコンビ「リミテッド」時代は全く人気が出なかった。
→3年後には、お笑いを辞めるつもりでコンビを解散した。
 →解散後に1人になって、2年間は仕事がなかった。
  →時々アルバイトをしていたが、芸人として何とかなる、と
   変な自信はあった。

本は好きでよく読んでいた。
→文学的な感性でネタを作るときがある、と美輪さん。
 →考え込んでネタを作る、と陣内さん。
  →映画からもヒントを得ている。
   →何かを見て作り出すのは、アーティストに近い方法。

芸人という意識をお持ちですか?と江原さん。
→芸人のプライドはあるが、いわゆる芸人という生き方はできない。
 →芸人と言うよりも西洋的なコメディアンの意識が強い。
  →「芸人やから」と言われるのは好きじゃない。
   →アーティストまでかっこつけたくはないが、アルチザン
    (フランス語で職人、工芸家という意味)の位置づけ。


○運命の出会い

藤原紀香さんとは、ドラマの共演がきっかけで結ばれた。
→共演中は、結婚も恋愛も考えていなかった。
 →普通の仕事としてやっていたが、彼女の方から話しかけて
  くれた。

いい人だなと思い、クランクアップの時にお礼の手紙を書いた。
→その時は、二度と会えないと思っていた。
 →1週間後にお礼のメールが来た。

その後、藤原紀香さんからメールが来るようになった。
→夜になると電話もかかってきた。
 →うれしかったが騙されてはいけないと思い、苦しかった。
  →冷静に普通に話をしていた。
   →毎日連絡を取り合っている中で、好きになっていった。
    →お付き合いはしていないのに、とても親身になって親切に
     してくれた。

告白を決意し、電話で告白した。
→最初は「友達にしか思えない」と振られた。
 →「あなたといると落ち着くが、恋愛関係にはなれない」と
   言われた。

藤原紀香さんにとっては、藤原紀香という名前が一人歩きして、
今までに恋愛を潰されたこともあり、傷付きたくない、という
思いもあり、「冷静に考えて、それでも私のことを思うなら
もう一度連絡して欲しい」と言われた。
→何も考えずに次の日に電話をした。
 →周りは騒ぐだろうけど、陣内さんは普通の女性として
  見ていたので、思いを素直に伝えた。
  →その電話が心に響いたらしかった。

元々、藤原紀香さんにも好きな思いはあったが、私がこんな人を
好きになる訳が無い、と自分を抑えていた。
→その電話がきっかけで素直になれた。

それからはデートを重ね、付き合っているうちに結婚の話が
どっちからともなく出てきた。


○伊勢神宮

伊勢神宮でプロポーズをした。
→陣内さんは子供の頃から毎年、母親に伊勢神宮に連れて行かれて
 いた。
 →子供ながらにすごい場所だと思った。
  →神様が本当にいるようなイメージがあった。
   →プロポーズするなら伊勢神宮、と思っていた。

藤原紀香さんは、ごく普通のお嬢さんの心を持った人、と江原さん。
→演じている自分もいるため、素の自分との間が大変だった。
 →陣内さんに出会ってから、素の部分が出せるようになった。
  →上手な軌道修正。
   →バランス力のある人。

素直な表現をしなかったら、生涯を女優として生きなくては
ならなかった。
→自分という個人を無くして、演じていく人生。
 →大女優に多い。


○格差婚

陣内さんの中では何も変わっていないが、周りが変わった。
→格差婚と言われても何とも思わない。
 →亭主関白な所があるため、俺が何とかしないと、という
  思いはある。
  →仕事でもっと上に行きたい、という気持ち。

外面がいい、と美輪さん。
→内面は良くない。
 →内弁慶。

格差婚と言われても何を言われても自慢につながるから、何とも
思わない、と江原さん。
→藤原紀香さんを勝ち取ってごらん、というプライド。

これぐらいの人じゃないと陣内さんは結婚できない、と江原さん。
→わがままで頑固で亭主関白のため、羨望の的の奥さんでなければ、
 抑えられない。
 →宝物を得た、と思わないと女性に対して酷いことをする。

陣内さんは好意が無くなったら、取りつく島が無くなる人。
→透明人間のように無関心になる。
 →家宝みたいな人でないと大事にしない。

気持ちが無くなると、傷付くと分かった上でそれを言ってしまう。
→知能犯、と美輪さん。
 →別れ上手。

藤原紀香さんほど、のめり込んで惚れ込んだ人はいない。
→常に尊敬している。


○前世

前世からプライドが高い、と江原さん。

前世は、イギリスの実業家の息子。
→青年期に観覧車から落ちて亡くなっている。
 →デート中の事故(単独事故ではない)。

文学青年だった。
→きれいなもの、芸術が大好きで、働くという意識がなかった人。

前世では陽気な人ではなかった(英国紳士)。
→陣内さんは、仕事以外では寡黙な人。
 →芸人、というイメージがない要因。
  →全てにこだわりや美を求める。
   →神経質で整理整頓をしないと気が済まない。


○トゥーランドット

オーラの泉に来た理由は、特別問題は無いが、アドバイスをするなら
優しさを持続させること。
→優しさが分からなくなる時がある、と陣内さん。
 →このまま夫婦で頑張って活躍すれば良いだけ、と江原さん。

イギリス以前の前世では、トゥーランドットそのもの。
→宝物のような奥さんをものにして、大事にする人。
 →普通に手が届くものは嫌。
  →常にチャレンジャー。
   →藤原紀香さんに対しては常に尊敬がある。

人には弱い面もあるため、どんな時でも互いに助け合うことを
忘れないでいけばよい、と江原さん。

陣内さんの素敵なところは、吉本興業を敵に回しても欲しいものは
欲しい、と自分の心を貫いたこと、と美輪さん。
→藤原紀香さんにとって、恋心を貫いた人は初めてだった。
 →陣内さんは、強い男の人。


○オーラの色

オーラの色は強い赤、強い青。
→赤のオーラは情熱。
 青のオーラは冷静沈着。


○夫婦円満の秘訣

格差婚を乗り越えたい、男として仕事をもっと、というプライドが
あるのは、前世から続いて生まれ持った資質。
→何をやっても満足できない。

前世では早く亡くなっているので、今欲しいのは時間、と江原さん。
→長生きをして、自分がやりたいことをやる時間。

一人でいても平気、一人が大好き、と美輪さん。
→仕事で忙しくて東京と大阪を行き来しているのは、良いバランス。

朝から晩までベッタリは陣内さんにとって地獄、と美輪さん。
→誰といても、どんなに愛し合っても同じ。
 →適度な距離が夫婦円満の秘訣。

陣内さんは、すぐに手に入るものは嫌で、完全に手に入るのも嫌。
→チャレンジしがいのあるものが好き。
 →この気質は直らない。
  →自分の要素を受け入れると、自分の上手い調理法が見つかる。
   →受け入れないと胃が痛む。
    →自分自身を受け入れられないと、消化できなくて胃が
     痛む。
     →消化不良は自分の質を理解しなさい、という意味。


○子供

子供は欲しいといらないの気持ちが揺らいでいる。
→夫婦共に計画を立ててちゃんとする人のため、計画を立てないと
 無理。
 →欲しいと思った時がその時。

藤原紀香さんは以前、海外のスピリチュアル関係の人に子供に
苦労する、と言われたことがある。
→とても気にしている。

子供で苦労しない親なんていない、と美輪さん。
→二人の子供なら苦労して当たり前。
 →最初から注目されるため。
| オーラの泉/2008 | 18:26 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |