<< 杉本彩の不思議な話 | main | 杉本彩の不思議な話の続き >>
オーラの泉 スペシャル(2008/05/03放送)に、ミュージシャンの
小室哲哉さんが出演。

○小室哲哉さんのプロフィール

小室哲哉(こむろ てつや)
生年月日:1958年11月27日
出身地:東京都府中市
血液型:−

1984年、TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)のメンバーとして
デビュー。
1986年、渡辺美里さんに「My Revolution」を提供。
1988年、NHK「紅白歌合戦」に初出場。
1988年、アイドル歌手の大谷香奈子さんと結婚。
1992年、離婚。
2001年、「Kiss Destination」の吉田麻美さんと再婚。
2002年、吉田麻美さんと離婚。
2002年、「globe」のKEIKO(KCO)さんと再婚。


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃なりたかった職業
 →ミュージシャン

・好きな言葉
 →恋しさと せつなさと 心強さと

・苦手なもの
 →魚介類

・人生で一番辛かったこと
 →家族が出来てから色々な噂で嫌な思いをさせたこと

・無くなると困るもの
 →奥さん


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは初めまして。
→美輪さんの声は倍音がすごい。
 →メジャーコードなので心地良い。
  →倍音とは、人の声の違いを明らかにする高い周波数の音。

江原さんとも初めまして。
→江原さんの声は、BPMテンポが決まっているのが素晴らしい。
 →江戸っ子のテンポ、と美輪さん。
  →ブレスのタイミングがきれいで、すごくリズミカル。


○瞬間移動

イギリス・ロンドンのホテルで寝ていた時、ホテルの階段をすごい
勢いで下りた感じがして、ふと気付いたら大阪の十三(じゅうそう)
にいたことがある。
→高速道路の上にいて、危なかった。
 →その後、また瞬間移動でイギリスに戻った。


○先祖の霊

KEICO(KCO)さんと出会ってから、お互いに知らない他界した人が
いて、藤色のカーディガンを着ていた。
→KEICOさんに関わりがある人(先祖の霊)。
 →時々いる感じがする、と小室さん。

霊を追求すれば、小室さんは私と一緒、と江原さん。
→霊に質問をすれば、名前やどういう人だったかが分かるはず。
 →なさればいい、と美輪さん。


○音楽

3歳でバイオリンを始めた。
→父親は音楽に反対していた。
 →聴くのはギリギリ許されていた。
  →父親とは、10年近く話もしなかった。

1970年、大阪万博で冨田勲さんのシンセサイザーミュージックを
聴き、衝撃を受けた。
→中学3年の時にシンセサイザーを購入。
 →音が漏れないように、ヘッドフォンをして弾いていた。

音楽をちゃんとやりだしたのはプロになってから、と小室さん。
→譜面も読めなかった。
 →コード譜は読めるが、今でも楽譜は読めない。
  →音楽理論で作る人は売れない、と美輪さん。
   →感性が邪魔されないため。

1986年、渡辺美里さんに提供した「My Revolution」がヒット。
→作曲家として注目された。

1987年、TM NETWORKの「GET WILD」がヒットして人気グループに。
1993年、trfをプロデュース。
1994年、篠原涼子さんに「恋しさと せつなさと 心強さと」を提供。
1995年、安室奈美恵さんに「Body Feels EXIT」を提供。

その後は、CD売上枚数1億7000万枚を突破。
レコード大賞4年連続受賞など、音楽史上に残る記録を打ち立てた。
→長者番付では全国で4位になった。
 →しかし、ステージ以外での小室さんの表情は暗かった。

1995年、「globe」を結成。
1997年、安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」がヒット。
→プロデューサーとして絶頂期に。

年間90曲、4日に1曲のペースで曲を作っていた。
→スタジオにこもりっぱなしで、2度の離婚を経験。
 →プライベートな生活は無いも同然だった。
  →当時は本当に笑っていなかった、と小室さん。


○オーラの色

当時とはオーラが違う、と江原さん。
→当時は、どす黒い赤のオーラ。
 →自分のことを考える時間が無く、常に音楽を作ることしか
  考えていなくて、時間に追われていた。

今は、穏やかなきれいな紫のオーラ。
→内観(人生を見つめる時間)が持てている。
 →全然別人、と江原さん。

当時はまともに寝てもいなかった、と江原さん。
→夢か現実か分からない状態だった。
 →記憶から抹消したいことが多い、と小室さん。


○作曲

色々な賞を受賞してうれしかったが、それが目的で頑張ったのでは
無く、流れだった、と小室さん。
→曲を作り以外の時間はほとんど無かった。
 →音楽に対する愛情だけは消したくなかった。

作曲している時が自分と対話している時間だった、と江原さん。
→歌詞はほとんど自分のこと、と小室さん。
 →独り言の究極の形で音楽と接していた。
  →自分のエネルギーが曲として出た。


○KEIKO(KCO)さん

ずっと笑いの無い人生だった、と美輪さん。
→よく頑張って生きてこられた、と江原さん。
 →何回もダメかなと思ったことがある、と小室さん。

孤独が怖くて大勢の中にいたいのに、コミュニケートさせると
うるさい、と美輪さん。
→大勢の中に1人でいたい。
 →コミュニケーションを望んでいない訳ではないが、時間が
  無いことが続き、家族や友人の代わりは鍵盤と歌詞だった。

KEIKOさんと出会うまで、人との会話ができていなかった、と
江原さん。
→無かった、と小室さん。

奥さんから見ると、自分は完全に子供、と小室さん。
→人間を信じることが出来た初めての人、と美輪さん。

奥さんの家族を含めての結婚だから全てを得た、と江原さん。
→奥さんと家族を一気に手に入れて、新しい家に生まれた気分。
 →人生がまるで変わった。
  →その通り、と小室さん。
   →今までの孤独へのご褒美、と江原さん。

初めて親や親戚の成り立ちなどを学んだ。
→お祭りやお盆、花見などの行事も新鮮に感じた、と小室さん。
 →現代の申し子みたいな方、と美輪さん。
  →衣食住に全くこだわりが無かった。


○前世

前世は、女性歌手。
→ヨーロッパのクラシック。
 →すごく歌っていて熱心で勤勉で、どれだけ高い声を出せるか
  ずっと訓練していた。
  →それが原因で声を壊してしまい、歌えなくなった。

女性に提供する曲が多いのは、張りつめた美しい高音で女性に
歌わせたい、という思いがあるから。
→歌手泣かせの難しい曲が多い。
 →面食らうような転調の仕方、と美輪さん。

まるでマリア・カラスのような人生、と美輪さん。
→マリア・カラスは、20世紀最高のソプラノと言われたオペラ歌手。
 →少女時代は母親から愛されず、大富豪との恋愛と別れを経験し、
  生涯家族に恵まれずに他界。
  →歌で表現することに生き、歌手として成功することで親に
   認められようとした。

今世では、音楽を作って表現し、現代を象徴する役割を持っている、
と江原さん。
→発信する役目がたくさんある。


○父親

KEIKO(KCO)さんのお父さんは、本当に息子にしてくれた、と
江原さん。
→今までは家族関係から逃げてばかりいたが、今度は逃げたくない、
 と小室さん。
 →家族の中に入りたい、という気持ち。

KEIKO(KCO)さんの父親は、2007年11月に他界。
→病院へ行った時、最後に言葉をかけてくれたのは小室さんだった。
 →今までなら一歩さがっていたはずなのに、一番前で「みんな、
  お父さんにありがとうって言え」と叫んでいた。

無償の愛、と江原さん。
→今まで逃げていたのは無償の愛じゃなかったから。
 →代償を求められていたから逃げていた。

父親からの一番のプレゼントは、無理やり食べさせられたこと、と
江原さん。
→とにかく食べろ食べろ、と毎日言われていた。
 →ふぐ屋さんだったが、魚介類が食べられないので、父親は
  最終的にそうめんにして、食べさせてくれた。
  →それまでは、米もまともに食べていなかった。
   →それが形見、と美輪さん。

父親は亡くなり方を気に入っている、と江原さん。
→潔く散ることができたから。
 →自分は満足しているが、みんなは早過ぎる、と言っている。
  →苦労があった方が自分のものになる、と父親は言っている。

孤独な魂の末に無償の愛に辿り着いた、と江原さん。
→アーティストとして極めることは自動的だったが、家族や愛情を
 得るには時間がかかった。
 →無償の愛を得るために生まれてきた、と美輪さん。

無償の愛とは、見返りを要求しないこと。
→何をされても全てを受け止め、相手の幸せを願う。


○新たな使命

今はあせるな、と江原さん。
→本当の自分で生きるのにも時期がある。
 →自然と道は開けるので、泰然自若として時期を待つこと。
  →その時が来れば、何も無理せずに行くことができる。
   →2〜3年後には、新たな小室さんの時代が来る。

小室さんのおじいさんがそう伝えている、と江原さん。
→あまり接した事は無く、記憶が少しあるくらい、と小室さん。
 →内面的や性格がとても似ている、と江原さん。
  →おじいさんは寂しくこの世を去ったので、今の状況をすごく
   喜んでいる。

移住はダメ、と江原さん。
→小室さんは海外移住を考えていた。
 →日本でのお役目があるから、と美輪さん。
  →日本から海外へ発信すると良い。

インターネットの普及で音楽ビジネスのスピードが速くなっている、
と小室さん。
→それに合わせるために急がなくてはいけないが、本当はゆっくり
 やりたい。

原点を見つめ直せ、と美輪さん。
→原点は冨田勲さん。
 →すごく分かります、悪寒が走った、と小室さん。

きちんとした土台があれば、怖いものは無い、と美輪さん。
→原点を分解して咀嚼して細胞にして、そこから始まると、
 揺るぎの無い本格的なものができる。

不思議な音楽が聞こえてくる、と美輪さん。
→小室さんの作った新しい音楽が美輪さんと江原さんには
 聞こえている。
 →クラシックやモダンを超越した現代音楽。
  →ロックとクラシックを融合した壮大な交響曲。
   →世界に発信する日本の音。
| オーラの泉/2008 | 18:31 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |