オーラの泉 新着記事
オーラの泉 メインメニュー
オーラの泉 過去ログ
<< 加藤夏希の不思議な話 | main | つるの剛士の不思議な話 >>
「オーラの泉」(2008/06/21放送)で、柴田光太郎さんが披露した
不思議な話。

○田宮二郎さん

柴田光太郎さんの父親・田宮二郎さんは、「昭和のクールガイ」と
呼ばれた大スターであり、美輪さんとも親交が深かった。
→1978年12月28日、自ら命を絶った。

最後に会ったのは、12月24日。
→父親と家族一緒に久しぶりに買い物と食事をした。

最後に父親にかけた言葉は「さよなら」だった。
→父親は躁うつ病のため、そのような言葉は絶対に言っては
 いけなかった。
 →なぜか「さよなら」という言葉が出てしまったため、驚いた
  のと同時に非常に困ってしまった。

その日、父親と別れる時、父親の足が見えなかった。
→夜だったのでよく見ようとしたが、どうしても見えなかった。

12月28日には、やかんでお茶を注いでいた。
→突然やかんのフタが外れて、熱いお茶が手にかかった。
 →熱さは全く感じなく、「何かあったな」と思った。
  →翌朝、父親のことを知らされ、東京へ帰ることになった。

予知、と江原さん。
→その時点では覚悟を決めていたはず。

父親がいる、と美輪さん。
→昼間から右肩が重くて上がらない、と柴田さん。
 →男の霊は右、女の霊は左に来る、と美輪さん。

田宮さんは努力の人だった、と美輪さん。
→勝新太郎さんは、「あんなに上手い役者だと思わなかった」と
 褒めたこともある。
 →ひたむきさが結局自分の首を絞めてしまった。
  →色々な原因が重なって結果が出た、と美輪さん。

ひとつだけ詫びていることがある、と江原さん。
→息子の声にも耳を傾けなかったこと。
 →甘えたい、話したいと思っていたが、近寄ることを許さず、
  かわいそうなことをしてしまった。

自分の胸だけにしまっている色々な原因はある、と美輪さん。
→ものすごい葛藤があった。

親も一人の人間、と江原さん。
→良く思ったり、悪く思ったりすることもあるが、親という人格を
 勝手に作り上げるのではなく、一人の人間として見ること。
 →立派であるべき、ではなく脆い部分も持っていて当たり前。
  →それをお互いに知っていれば、親子は本当に理解しあえる。


「オーラの泉」(2008/06/14放送)で、柴田光太郎さんが披露した
不思議な話。

○妖怪

結婚する前に奥さんと渋谷を歩いていたら、昔から知っている知人と
ばったりと会った。
→その人は霊感が強い女性。
 →結婚相手を紹介したら、その瞬間に女性の目が見開き、首が
  近寄ってきて、頭の周りを1回転して戻っていった。
  →ろくろ首のようだった。

びっくりして何も言えなくなり、その場で女性とすぐに別れた。
→奥さんは、あの人の首が伸びてきて自分のことをずっと見ていた、
 と言っていた。
 →奥さんも同じものを見ていた。

よほどの念を持っている人、と江原さん。
→悪い念。
 →首が近寄ってきたのは品定め。
  →どんな風に使えるかな、という思いを常に持っている人。
   →奥さんを品定めしていた。

お父さん(田宮二郎さん)が、柴田さんを引き止めていた、と
美輪さん。
→続きは来週。
| オーラの泉/2008 | 18:11 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |