<< 松田美由紀さん | main | 宮崎大輔さん >>
オーラの泉「オーラの相談室」(2008/06/28放送)に、
自称イケメン芸人の狩野英孝さんが出演。

○狩野英孝さんのプロフィール

狩野英孝(かの えいこう)
生年月日:1982年2月22日
出身地:宮城県栗原市栗駒
血液型:A型

実家は1500年以上の歴史のある由緒正しい桜田山神社。
長男のため神主を継ぐことになっていたが、反発して芸人に。
2008年、岩手・宮城内陸地震で実家が被災。


○人生の岐路

岩手・宮城内陸地震で実家が被災。
→神社の鳥居などは倒れたが、家族は無事だった。

狩野さんは長男のため、その神社を継がなくてはならない。
→小さい頃から「神主になるんだよ」と言われ続け、反抗心から
 ずれた方向に進んでいた。
 →両親は芸人になることを許してくれたが、家のことが心配。
  →近所からの風当たりも強いため。

神社は宗教法人のため、個人のものではない、と江原さん。
→神職がいなくなった場合、明け渡す可能性もある。
 →先祖代々の思い出や歴史が一瞬になくなってしまう、と
  美輪さん。


○おじいさん

おじいさんは神主の仕事を愛した人、と江原さん。
→芸能のセンスが磨かれたのは、おじいさんのおかげ。
 →面白い話が大好きだった。

上京して1週間後に、おじいさんは他界。
→自分を見送るまで頑張ってくれたと思う、と狩野さん。
 →愛情は強い、と江原さん。


○父親

おじいさんは父親への反発を心配している、と江原さん。
→要らぬぶつかり合い。

溺愛されて大切に育てられたため、考え方が子供だった。
→大事に育てられることは嫌だった、と狩野さん。
 →跡継ぎだから大事にされたのではなく、かわいいから、と
  江原さん。
  →下衆の勘繰りがどこかにいつもあった、と美輪さん。

親にはそんな計算はなかった。
→計算があったら、芸能界に入ることは許していなかったはず。
 →許したのは、愛しているから。


○跡継ぎ

社家の子は社家の子らしく、と江原さん。
→当たり前なのに、なぜ反発するのか。
 →そこに生まれた役目がある。
  →受け入れなければならない宿命もある。

抱腹絶倒のネタではなく、それほどイケメンでもない、と美輪さん。
→ここまで有名になったのは、後ろの神々の力があったから。
 →努力だけではない。
  →満足させるだけ満足させて、その後どうするか。

狩野さんの血肉は、お神饌で養われた血肉、と江原さん。
→今の仕事を辞めなくても、神主の資格を取って神職になれば、
 地域のため、神社の強化のためにもなる。
 →実家の神社は由緒正しくてすごい力があるため、全国的に
  有名になれば、色々な人がお参りに来る。
  →最近はお参りに来てくれる人が増えている、と狩野さん。

資格はお取りになってください、と江原さん。
→分かりました、揺れていた心が固まった、と狩野さん。
| オーラの泉/2008 | 19:53 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |