オーラの泉 新着記事
オーラの泉 メインメニュー
オーラの泉 過去ログ
<< 松田聖子さん | main | エドはるみ >>
オーラの泉スペシャル(2008/10/04放送)に、バドミントン選手
ペア・オグシオの小椋久美子さん、潮田玲子さんが出演。

○小椋久美子さんのプロフィール

小椋久美子(おぐら くみこ)
生年月日:1983年7月5日
出身地:三重県三重郡川越町
血液型:A型


○潮田玲子さんのプロフィール

潮田玲子(しおた れいこ)
生年月日:1983年9月30日
出身地:福岡県京都郡苅田町
血液型:A型


○冒頭

今夜、聞きたいこと。
→迷っている部分がたくさんあるので、これからの進路のヒントを
 もらえたら、と潮田さん。
 →亡くなったおじいちゃんを近くに感じるので、おじいちゃんの
  話を聞きたい、と小椋さん。


○スピリチュアル・チェック

・小さい頃なりたかった職業(小椋さん)
 →保母さん

・バドミントン選手になっていなかったら(潮田さん)
 →美容師

・潮田さんに直して欲しい所
 →遅刻

・小椋さんに直して欲しい所
 →頑固で自分を追い込んでしまう所

・不思議な体験(小椋さん)
 →おじいちゃんを近くに感じる時がある

・人生の転機(潮田さん)
 →今


○運命

小学6年生の時、2人は全国大会で対戦。
→試合中に停電が起こり、小椋さんは体が冷えないように必死に
 フットワークをしていた。
 →潮田さんは、軽くストレッチをしただけ。
  →試合では小椋さんが負けてしまった。
   →潮田さんは停電のことしか覚えていなく、小椋さんの
    ことは覚えていなかった。

2人は別々の中学で、シングルスの選手として活躍。
→潮田さんは全国中学選手権で優勝、小椋さんは3位。
 →高校1年の頃、アジアジュニア選手権の強化合宿でダブルスの
  ペアを組むことに。
  →余った2人がたまたまペアを組んだ。

感触的にすごく合った、と小椋さん。
→友達として仲は良かったが、コートに入ったらダブルスの相性も
 良くて、それからダブルスに興味が出てきた。
 →ダブルスって面白いんだと思った、と潮田さん。
  →海外遠征する先輩との練習試合で勝ってしまった。

宿命的に縁がある、と江原さん。
→前世では夫婦だった。
 →出会いには深い縁がある。
  →残り物には福がある、と美輪さん。


○オーラ

ダブルスでは、オーラの大きさが影響する、と江原さん。
→相手がどこにいるかをいちいち確認する暇はないが、後ろに目が
 あるように気配を感じている。
 →気配=オーラ
  →以心伝心で心も伝わる。
   →良い時は相乗効果で良くなるが、悪い時は引っ張られて
    しまう。


○オリンピック

2002年、2人揃って三洋電機に入社。
→小椋さんは先に入社を決めていた。
 →潮田さんとずっと一緒にやりたかったため、入社を強く勧めた。
  →2人だったら頑張れると思って入社した、と潮田さん。
   →2004年のアテネ・オリンピックを目指す。

2003年5月、小椋さんが左足小指を骨折。
→潮田さんは小椋さん以外のペアは考えられず、北京オリンピックに
 目標を切り換えた。
 →全日本総合選手権大会で4連覇を達成。
  →2006年、世界選手権で銅メダル、世界ランク6位に。

2008年、北京オリンピック出場。
→終了後、引退するか現役を続けるかの整理がつかない状態に。

北京オリンピックでは、メダルを獲得できなくて悔しかったが、
色々な人からありがとう、感動したよ、と言われた。
→4年間頑張ったことは、間違っていなかったと気付いた。


○人生の転機

今後の進路は今も整理がついていない状態。
→すごく辛くて苦しい4年間だったため、その4年間を思うと、
 なかなかやる気が起こらない。
 →やりきった感もあり、気持ちが疲れてしまったので、自分が
  どうしたいのか、なかなか分からない、と潮田さん。
  →挑戦したいが気持ちは揺れている、と小椋さん。

年齢的なもの、結婚や生活の問題も色々ある、と美輪さん。
→今までと同じにする訳にはいかない。

潮田さんの方が慎重派、と美輪さん。
→冷静に考えているが、無駄遣いは好き。
 →負けず嫌いで天邪鬼、と江原さん。
  →どうして自分が頑張れてきたのだろう、と不思議に思う
   ことがあるはず。
   →負けず嫌いと天邪鬼な性格がバネになっていた。
    →ケチをつけられるほど頑張る。
     →知らず知らずのうちに前進していた。


○性格

潮田さんは、何でも自分で決めたい、と江原さん。
→人に先に言われるのは嫌い。
 →人一倍神経を使うため、胃のオーラが悪い。
  →すぐに吐いたりする、と潮田さん。

小椋さんは、受け入れ上手。
→人の意見を素直に受け入れて、すぐに従う。
 →潮田さんはそれが気に入らない時がある。

小椋さんは父親を最も尊敬していて、本当は甘えたい。
→潮田さんよりも小椋さんの方が性格的に強い。


○おじいさん

小椋さんのおじいさんはいつも側にいる、と江原さん。
→近くに感じることがある、と小椋さん。
 →試合に行く前にはいつもおじいちゃんに話しかけていて、
  お墓参りも欠かしていない。
  →引き寄せている部分もある、と江原さん。
   →サポートをお願いしているので、それに応じて来て
    くれている。
    →父性愛が欲しい、という思いが強いため、おじいさんが
     ついてくれている。
     →お墓参りや神社へのお参りを必ずしているため。
      →ご神徳(神様の力)。

亡くなってからすごく大切に思うようになった、と小椋さん。
→病気になってから、毎日のようにお見舞いに行っていて、
 大好きだった。
 →おじいちゃんおばあちゃん子だった。


○前世

二人は親子だった時期がある、と江原さん。
→出会ったのは運命だと思っていたから、二人で何かあるよね、と
 話していた、と潮田さん。
 →小椋さんがお母さん、潮田さんが息子。
  →日本の子だくさんの家庭だった。
   →息子が母を助けていた。
    →息子(長男)が働いて、助けていた。

潮田さんは小椋さんのことが心配で、助けてあげなくては、という
気持ちがある。
→本心が言える相手でもある。

小椋さんも潮田さんのことが心配(母の気持ち)。
→潮田さんが一番良いようにさせてあげることが自分の道だと
 思っているところがある。


○今後の人生

潮田さんは、女性としての人生が気になる、と江原さん。
→人生は1回きり、という思いがあり、後悔したくない、という
 思いもある。
 →女性としての人生を今までやっていないため、女性の道を
  選ぼうかどうしようかを悩んでいる。

小椋さんは潮田さんの気持ちを感じ取っていて、どこかで前世の
母親の気持ちもあるため、好きなことをやらせたい、という思いも
あるが、期待に応えて頑張りたい気持ちも半分ある。
→双頭の鷲(2人で1人)になっているため、難しい状況。

肉体的にも限界を感じている、と江原さん。
→このままでは体が壊れてしまう。
 →潮田さんは体の不安を抱えている様子。
  →スポーツをやっている人は必ずそれが来る、と美輪さん。


○守護霊

潮田さんの後ろに少年がいる、と江原さん。
→日本の武家の子。
 →潮田さんは男の子のようなところがあり、無邪気。

少年は「好きにしていいよ」と言っている、と江原さん。
→女性の気持ちになっていいよ、という意味。
 →自分で秤にかけて決めれば良いこと。

よくお腹が痛くなるのが心配、と潮田さん。
→女性としては心配なこと、と江原さん。
 →きちんとした治療に専念するのは悪くない。

オリンピックが終わってから、お母さんとじっくり話をしていない
でしょう、と江原さん。
→母親と時間を持ったほうが良い。
 →一緒にいると答えが出るはず。

小椋さんは、お父さんのことを考えて分析し、おじいちゃんの
お墓参りに行くこと、と江原さん。
→気持ちが整理されるはず。
 →小椋さんと父親に気持ちのズレがある、と美輪さん。


○幸せな結婚の心得

潮田さんの父方のひいおばあさんは、母親にきつく当たったことも
あるが感謝している、とおっしゃっている、と江原さん。
→母親に伝えれば、きっと喜んでくれるはず。
 →ひいおばあさんは、嫁に行くことへの恐怖を感じないで、と
  おっしゃっている。
  →母親の苦労を見てきているため。

結婚は現実、恋愛は夢、結婚式は夢との決別式、と美輪さん。
→白無垢は白装束、と江原さん。
 →昔の人は何も期待しないで、戦場に赴く覚悟で嫁に行っていた
  ため、幸せになれた。
  →結婚に期待しない方が幸せになれる。
   →ちょっとした事でも幸せに感じられる。
| オーラの泉/2008 | 19:27 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |