<< オーラの相談室 相田翔子さん | main | 安めぐみさん >>
オーラの泉(2008/11/01放送)「オーラの相談室」に、タレント・
グラビアアイドルの南明奈さんが出演。

○南明奈さんのプロフィール

南明奈(みなみ あきな)
生年月日:1989年5月15日
出身地:神奈川県座間市
血液型:O型

2001年、スカウトされ、その後モデルとしてデビュー。
2006年、グラビアアイドルとして活動開始。
2006年〜2007年、アイドル写真集売り上げ1位に。


○おじいさん

小学校の頃に亡くなった母方のおじいさんが夢に出てくる。
→毎回同じ内容の夢で、頻繁に見る。
 →内容は、おじいさんが部屋で亡くなって寝ていて、窓が開いて
  いて、顔の部分だけが見える。
  →顔を見ると、おじいさんがこっちに顔を向ける。
   →「怖い」と思うと、目が覚める。

母方のおじいさんより、父方のおじいさんが大好きだった、と
南さん。
→母方のおじいさんは苦手だった。

苦手と言っているが、どこかでもう少し優しくしてあげれば
よかった、という悔やみがある、と江原さん。
→その悔やみが夢に反映されている。

もう一つの理由は、あまり自分を出さないおじいさんだったから。
→あまり話さないので、何を考えているか分からなかった。
 →孫が可愛い気持ちを素直に表現できなかった。

小さい頃はおてんばだったので、ケガをしないか心配している、と
江原さん。
→ここで、スタジオのシャンデリアの飾りの一つが大きく揺れ動く。
 →おじいさんが来ている、と江原さん。

おじいさんは、南さんとお母さんの関係も心配している。
→仲良しだが、最近は忙しいので話ができていない。
 →南さんは落ち込むタイプで、いつもお母さんの言葉で励まされて
  いる。
  →それが得られないため、親子の間が寂しい感じ。
   →話す機会がなくなっている、と南さん。

忘れて欲しくないのは、おじいさんへの気持ちは伝わっているから、
悔やむことはない、と江原さん。
→嫌ったこともあるが、おじいさんは気にしていない。
 →足が不自由だったので、新聞を取りに行くのが面倒臭いと
  思ったことがある、と南さん。
  →亡くなってからは、悔やみがあった。

それを理解すれば、今後は同じ夢は見ないはず、と江原さん。
→遠くてお墓参りに行けなくても、想っていれば良い。
 →もし、また夢に見たら「愛しているよ」と言えば良い、と
  美輪さん。
| オーラの泉/2008 | 17:45 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |