<< 安めぐみさん | main | 岸部四郎さん >>
オーラの泉(2008/11/22放送)に、俳優・歌舞伎役者の
市川海老蔵さんが出演。

○市川海老蔵さんのプロフィール

市川海老蔵(いちかわ えびぞう)
本名:堀越孝俊(ほりこし たかとし)
生年月日:1977年12月6日
出身地:東京都
血液型:AB型

1983年、歌舞伎座「源氏物語」で初お目見得。
1985年、七代目市川新之助を襲名。
2003年、隠し子発覚。
2004年、十一代目市川海老蔵を襲名。
2005年、女優・米倉涼子さんとの交際破局。
2007年、タレント・佐藤江梨子さんとの交際破局。


○スピリチュアル・チェック

・やってみたかった職業
 →お坊さん

・ストレス解消法
 →天気の良い空を眺める

・人生の転機
 →17歳の時と最近

・不思議な体験
 →旅先で不思議な体験がある

・好きな女性のタイプ
 →料理が上手くて優しい人


○江原さん、美輪さんとの関係

美輪さんとは、なかにし礼さんと一緒に舞台を拝見したことがある。
→楽屋へ挨拶へ行った。
 →10代の頃。

江原さんとは、初めまして。


○スピリチュアルな世界

以前、出演依頼があったが、怖くて断ったことがある。
→今は心境の変化があり、もういいかな、という思いがある。
 →経験することが大事。

スピリチュアルな世界は、昼間に見えない星のようにあるような
感じがするが、具体的には何か分からない。
→信用できるし、できないところもある。
 →最近はいけないな、と思う、と海老蔵さん。
  →愛情は形で出せない。
   →最近になって、母親のありがたみを感じる。

心眼で見る、と美輪さん。
→心も目に見えないもの、と江原さん。


○17歳の転機

子供の頃は、市川家の長男として跡を継がなければならない重圧を
感じていた。
→祖父の11代目市川團十郎が早く亡くなり、その30年目に
 「鏡獅子」の大役をやらせてもらった。
 →それまでは歌舞伎をやるかやらないかを自分自身も分からない
  ままだった。
  →その時に初めて祖父の映像を見て、歌舞伎でこんなにかっこ
   いい人がいる、と一目惚れした。
   →歌舞伎をやろう、と決めた。

動く錦絵と言われた、と美輪さん。
→美しくて華がある。
 →単に出るのではなく、登場という感じ。
  →五色の紙吹雪をまいたような感じに見える。

祖父のような役者になるには、どういうことを意識したら良いか、
と海老蔵さん。
→素材は持っている、と江原さん。
 →努力が運命を変える。
  →持って生まれた才能(素材)を見極めることが大切。
   →素材を持っているから、祖父の映像を見て感じ取れた。


○不思議な体験

旅先へ行くと不思議な体験をする。
→初めてフランスのオペラ座へ行った時、誰もいないのに後ろに
 常に人が歩いていた。
 →マネージャーに黒い人影が付いてくる、と言ったら、誰も
  いない、と言われた。
  →その人はオペラ座で働いていた人だと思う、と海老蔵さん。
   →その人は「君は絶対、この舞台に立つんだよ」と言って
    くれた。
    →その後、実際にオペラ座公演の話がきた。
     →前世に関係のある人だと思う、と海老蔵さん。


○前世

黒い人影はオペラ座の支配人、海老蔵さんは前世でその支配人に
お世話になっていた、と江原さん。
→前世は、ボックス席を持っていた貴族。
 →劇場通いが好きだった。
  →ボックス席は舞台から見て左側の2つ目のブロックの上。

オペラ座はめちゃめちゃ豪華、と美輪さん。
→あらゆる国の国王や貴族が来ても、贅沢だと思わないと意味が
 ない、という思いで作られたため。
 →天井画は1964年にシャガールが描き直した。

前のがいいと思う、と海老蔵さん。
→オペラ座に初めて行った時は、シャガールじゃないイメージが
 あった。
 →誰かに「前来た時はこの絵じゃなかったよね」と話した。
  →でも、何十年も前からその絵だ、と言われた。
   →魂の記憶、と江原さん。


○父親

父親の市川團十郎さんは「偉大」、と海老蔵さん。
→言葉では言い表せない。
 →全てを叩き込んでくれて、悪い時も大きな目でよくみていて
  くれた。

まったりしている方、と美輪さん。
→おおらか。
 →若い頃からそうだった。
  →歌舞伎は偉い人を演じるため、おおらかな育ち方をすれば、
   おおらかな芸風が伝わる。
   →品格のような芸格が必要。

同じ舞台に立つと口論になることもある。
→位置の話など。
 →父親はライバルとして認めてくれている。
  →役者同士の素晴らしいこと、と美輪さん。

30歳になり、今までのままじゃいけない、と海老蔵さん。
→人間として、役者としてもう少ししっかりしないといけない。


○魂の歴史

前世の中では、スコットランドにいたこともある、と江原さん。
→剣術が得意だった。
 →ある程度の位を持っていたが、家を捨てている。
  →土着(その土地に代々伝わる)の宗教で、洞窟の中で
   暮らし、修行をしていた。

芸術に対しての才能もあるが、海老蔵さんは修行僧、と江原さん。
→僧侶への憧れがあり、常に禅問答をしている。
 →捨てることへの恐怖心が無い。

葛藤はあるが、やめてもいい覚悟がある、と海老蔵さん。
→子供の頃から、捨ててもいい、と思っている。
 →それがある意味危険、と江原さん。

舞台に立つのはお客さんのためもあるが、自分との戦い。
→若い頃は特にそうだった。

日本にいた前世もある、と江原さん。
→山伏をやっていた。
 →海老蔵さんは火を見るのが大好きで落ち着く。
  →護摩を焚いていたから。

お不動様(不動明王)は後ろに火を背負っている、と美輪さん。
→市川家は成田山新勝寺を信仰。
 →本尊は不動明王。

子供が親を選んで生まれて来る、と江原さん。
→父親は基本・型の人。
 →海老蔵さんは、それを全て壊すタイプ。
  →意味や理由があり、臨機応変すべき、という考え方。
   →父親がいるから、常に基本を頭から離さない。
    →父親が違う人だったら、訳が分からなくなる可能性が
     あった。
     →市川家に生まれたのは、型の中で自分を活かすため。


○オーラの色

去年あたりは色々捨てたくなった時期、と江原さん。
→強さと弱さが共存しているから、貫こうという強い意志と不安の
 コントラストが特に強い。
 →オーラの色は強い赤と青と紫。
  →優しい人。
   →情に振り回されないように闘って来た人。
    →冷静に一番良いことだけを貫いている。
     →いつも葛藤している。


○使命

一人前の心づもりを持たねばならない、と江原さん。
→俯瞰で全てを見る、と美輪さん。
 →古語で喋っている歌舞伎は言葉が分からないため、そのズレと
  近代的な解釈をどのように接近させていくか。
  →若者たちに面白いと言わせる歌舞伎を作り出すこと。
   →古いものの良い部分は残しながら、現代人に通訳して
    分からせていくこと。


○無謀な行動

舞台以外のことで、事故やケガに注意、と江原さん。
→時々、気持ちが苦しくなり、無謀な行動をとっている。
 →よく生きていたな、と思うことがすごく多い、と海老蔵さん。
  →自分を試す、と江原さん。
   →恐怖を抱くかを試している。

この世界を選んで生きてきたのは、責務や義務の勉強、と美輪さん。
→前世では、責務や義務は関係なく、自分の好きに生きていた。
 →歌舞伎の世界では、海老蔵さんがいなくなると、仲間や脇役が
  みんな困ってしまう。
  →たった一人の不始末で劇場の人、お客さんなど皆が困る。
   →覚悟をお決めなさい、と美輪さん。

海外で暮らせる人、と江原さん。
→休みがあると海外に行きたくなる、と海老蔵さん。

成田山の本尊の不動明王をなぜ拝みに行くのか、と美輪さん。
→不動は動いてはいけない。
 →何があってもゆるぎなく、煩悩や横縞な心が出てきたら剣で
  断つ。
  →フラフラしないために不動明王がついている。


○結婚

母親から結婚について聞いて来い、と言われた、と海老蔵さん。
→結婚はするがまだ先、と江原さん。
 →もう少し不動の心の面積が広くなった頃に結婚すれば、良い
  家庭ができ、相手も迷惑しない、と美輪さん。
  →自己の確立が先決。

これから4〜5年は成長期、と江原さん。
→ものすごい改革が色々とある。
 →それで完全着地する。

素直な方なので分かりやすい方、と江原さん。
→心が安定しているかどうかが部屋に現れる。
 →安定していないと、部屋の中はぐちゃぐちゃ。
  →安定していると、部屋はきれい。

今はお不動様がいる部屋で寝ている、と海老蔵さん。
→お不動様が守ってくれている、と美輪さん。
 →朝起きるとお不動様が語りかける、と海老蔵さん。
  →挨拶くらいはしろ、と言われている気がする。
   →窓を開けろ、と言われている気がしていて、窓を開けたら
    今は落ち着いている感じ。
    →お不動様の言葉を受け止めている、と美輪さん。

俯瞰して違う視点を持て、という意味、と江原さん。
→グローバルな視点を持って、私生活や舞台、役作りに活かすこと、
 と美輪さん。
 →役がもっと奥深くなり、楽しむものになってくる。
| オーラの泉/2008 | 18:35 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |