<< 岸部四郎さん | main | テレニン晃子さん >>
オーラの泉 スペシャル(2008/12/20放送)に、元サッカー選手、
車いすバスケットボール選手の京谷和幸さんが出演。

※スタジオ出演ではなくドキュメント紹介。

○京谷和幸さんのプロフィール

京谷和幸(きょうや かずゆき)
生年月日:1971年8月13日
出身地:北海道室蘭市
血液型:O型

1991年、東日本JR古河サッカークラブ(ジェフユナイテッド市原)とプロ契約。
1993年、Jリーグ開幕。
1993年11月、交通事故で脊髄を損傷し下半身不随に。
1994年、陽子さんと結婚。
1994年、車椅子バスケットボールを始める。
2000年、シドニーパラリンピックに出場。
2004年、アテネパラリンピックに出場。
2008年、北京パラリンピックに出場。


○交通事故

京谷和幸さんは将来を期待されたJリーガーだったが、15年前に
交通事故で脊髄を損傷。
→下半身麻痺に。

1993年11月、陽子さんは「交通事故で入院した」という知らせを
受けた。
→京谷和幸さんが交通事故で入院した、という連絡。
 →命は助かったが、脊髄を損傷。
  →99パーセントは車椅子生活、と医師から言われた。
   →少しでも希望があるため、歩けなくなるほどの重症だと、
    本人には伝えなかった。

2ヵ月後の結婚式は延期。
→陽子さんは、和幸さんの両親から婚約解消の申込みをされた。
 →わざわざ苦労するところに来なくても、という両親の優しさ。
  →しかし、陽子さんは病室へ結婚届と婚約指輪を持って行き、
   1993年12月に入籍を済ませた。

お正月が過ぎても、和幸さんの足は動かなかった。
→医師から「二度とサッカーはできない」と言われ、とても辛く、
 ずっと泣いていた。
 →でも俺は一人じゃない、と思った時、初めて陽子さんが「入籍
  しよう」と言ってくれた意味が分かった。
  →半年間のリハビリを経て退院。
   →1994年10月に挙式。


○車椅子バスケット

サッカー選手のため職業もなく、家で一緒に過ごしていた。
→金銭的に苦しくなり、ずっと一緒にいることで言い合いになる
 こともあった。
 →生きがいを失い、仕事もなかなか見つからなかった。

ある日、車椅子バスケットに誘われた。
→全国でも強豪の千葉ホークスの練習に参加し、入団。
 →激しくぶつかり合い、予想外にハードな競技に驚かされた。
  →最初は練習がしんどかった。
   →帰ってきた時の顔は、とてもうれしそうだった。
    →新しいチームメイトに出会い、自分の中で何かが
     変わっていった。
     →バスケット仲間の紹介で、新しい仕事も決まった。

その後、子供が誕生。
→子供たち自慢の父親になりたい、とバスケットに打ち込んだ。
 →2000年、シドニー・パラリンピックに出場。
  →アテネ、北京と3大会連続出場を果たす。
   →妻に認められたい、子供たちに自分の背中を見続けたい、
    と思い、続けてきた。


○つるの剛士さんの見解

奥さんに褒めてもらいたい気持ちはすごく分かる。
→自分の自信になるため。


○松岡昌宏さんの見解

体に障害を持った人の方がメンタルが強い。
→目の力、連帯感、助け合いの精神も強い。
 →普通に生活している僕らは、あの目を持っていない。


○船越英一郎さんの見解

自分のために頑張れる人はそういない。
→奥さんがいなければ、パラリンピックに行っていなかったかも
 しれない。
 →奥さんを思う気持ちが、あそこまで彼を強くしたと思う。


○櫻井淳子さんの見解

自分は本当に未熟だなと思う。
→支えてもらいたい、と思ってしまう。
 →主人を支えなくてあげなくてはならない、と思った。

奥様の新人だから、と美輪さん。
→プロになれば、加減が分かってくる。
 →初めてだらけのため、初心者は上手く行かない。

魂のうえでも初心者、と江原さん。
→前世では、結婚も出産もしていない。
 →本当に初めてだから、すごく神経質になって、パニックに
  なってしまう。


○江原啓之さんの見解

何かを失うと何かを得る、人生はそういうもの。
→この世に生きている人は、何かしらの十字架を背負っている。
 →表面に見えないこともあり、身体とは限らない。
  →みんな同じ。


○美輪明宏さんの見解

今まで、羨ましい人は一人も見たことがない。
→羨ましい人は世の中にいない。
 →街を歩いている人たちでも、大なり小なり痛み、苦しみ、
  悩み、悲しみを抱えている。
  →人を羨む時には、その人の持っている苦労も欲しがって
   ください、と江原さん。
| オーラの泉/2008 | 21:19 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |