オーラの泉 新着記事
オーラの泉 メインメニュー
オーラの泉 過去ログ
<< 街のオーラ 銀座 | main | 出門英さん(ヒデとロザンナ) >>
オーラの泉(2009/07/18放送)に、女優・タレントで双子の
三倉茉奈・佳奈(マナカナ)さんが出演。

○三倉茉奈・佳奈さんのプロフィール

三倉茉奈(みくら まな)
生年月日:1986年2月23日
出身地:大阪府大阪市平野区
血液型:O型
姉。

三倉佳奈(みくら かな)
生年月日:1986年2月23日
出身地:大阪府大阪市平野区
血液型:O型
7分違いで誕生した妹。

5歳の頃から、子役として活躍。
1996年、NHK「ふたりっ子」に出演。
2008年、NHK「だんだん」に出演。


○スピリチュアル・チェック

・よく見る夢
 →舞台の本番前に台詞が全然覚えられない(2人とも同じ答え)

・苦手なもの
 →お化け屋敷(2人とも同じ答え)

・「美しい」から連想するもの
 →赤い花(茉奈)
  すべすべのお肌、美肌(佳奈)

・コンプレックスを感じていること
 →佳奈に比べて顔が丸い(茉奈)

・双子で嫌だったこと
 →休みの日に遊ぶ友達を取り合う(佳奈)


○双子

小さい頃からタイミングが合うことが当たり前だった。
→合わないことの方が珍しい。
 →不思議だとは思わない。

意外な展開になるかも、と江原さん。
→双子だから守護霊も双子なのか、一つの神様が守っているのか
 気になる、と美輪さん。

双子で良かったことばかり。
→毎日が楽しく、親友がいつもそばにいる感じ。
 →兄弟であり、恋人であり、ライバルであり、仲間でもある。
  →ずっと同じ学校だったので、お互いの成績が気になった。

双子で嫌だったことは、すぐに比べられることと、2人で1つと
見られるので1人ずつ見られないこと。
→比べられることで、頑張れる部分もある。

茉奈さんは、顔が丸いのがコンプレックス。
→顔が丸いのは福運、と美輪さん。
 →お金が入る。

ボーイフレンドの好みは同じ?と美輪さん。
→子供の頃より、性格がどんどん違ってきたので、最近は違う。
 →良かったわね、と美輪さん。

高校生までは、双子だから似ているもの、と思い込んでいた。
→似ていないといけない、と思い込んでいた。
 →20歳を過ぎてから、違いに感じ始めた。

髪型を別々にしたのは、人生で初めて。
→茉奈さんはロング、佳奈さんはショート。
 →以前は仕事に関係なく、髪型を揃えていた。
  →今は、自分は自分なんだ、という楽しさがある。
   →似合う服も変わってきた。

双子でも魂は別、と江原さん。
→違うことがあるのは、悪い訳ではない。
 →ただし、それも無理していることはない?と江原さん。
  →違うとは言っていても、同じ物を買ったり、同じ行動を
   したりしている。


○不思議な一致

晩御飯は何が食べたい、とお母さんが聞いた。
→同じ内容のメールが、別々の場所から同時刻に届いた。

小学生の時、別々のクラスなのに、2人が同じ体験をしていた。
→今日あったことを話すと、大体同じ話になる。

自分の部屋にいた茉奈さんと、居間にいた佳奈さんが歌っていた
歌が同じ。

高校生の頃、学校で別々にパンを買ったら、同じ2つのパンを
選んでいた。

一緒に暮らしている人は似てくる、と美輪さん。
→今まで別々に暮らしたことは無い、と茉奈さん。
 →人生経験として一人でも暮らしてみたい、と茉奈さん。

この双子さんに限っては行動が一緒、と江原さん。
→他の双子よりも、同じ行動を取っている。


○手相を鑑定

手相学の権威・浅野八郎さんが2人の名前を伏せて手相を鑑定。
→2人の手相は一卵性双生児で、かなり違いがある。
 →あっさりと見破られた。

運命線
→茉奈さんは、ドラマチックな変化の多い人生。
 佳奈さんは、快調な人生。

結婚線
→茉奈さんは、結婚は思うように進まない。
 佳奈さんは、結婚は早い。

感情線
→茉奈さんは、感情表現が下手。
 佳奈さんは、素直。

金運線
→茉奈さんは、収入が少ない。
→佳奈さんは、収入が多い。

波乱万丈な気がする、と茉奈さん。
→心配性でマイナス思考、と江原さん。
 →どうせ私は不運な感じじゃないか、と妙にそう思う。
  →佳奈さんは、それをいつも助けたり、励ます役目と思う
   ところがある。
   →魂に理由がある、と江原さん。


○前世

基本は双子でも魂は別、と江原さん。
→意思の疎通が合うのは、お腹の中から繋がりが深いから。

前世でも双子だった。
→普通よりも、同じ行動を取る要因。
 →全ての双子が、前世でも双子だった訳ではない。
  →初めて見るケース、と江原さん。

前世は、日本の江戸時代よりも前のお姫様。
→2人で1人で生きていた時代がある、と江原さん。
 →昔は双子を忌み嫌っていた時代があったが、愛情深い家族に
  守られていた。
  →2人で1人を演じていた。
   →1人ずつ同じ着物を着て、表へ出ていた。
    →もう1人は隠し部屋に入っていた。
     →致し方のない親の愛情。

茉奈さんがネガティブなのは、前世で早く亡くなっているから。
→焼き討ちに遭ったのが見える、と江原さん。
 →心配性になる要因。

残された妹は、自分の人生が楽しくなかった。
→2人で1つだった、という思いが強い。
 →もう一度、姉妹になりたい、という思いで今世に生まれてきた。

佳奈さんは、自分だけ、というのがすごく嫌。
→茉奈も一緒じゃないと、という意識はあった、と佳奈さん。
 →自分だけ逃げた、という罪の意識、と江原さん。
  →その悲しみを乗り越えて、打たれ強くなった。

茉奈さんは、せっかく生きているので、色々な経験をしたい、
という気持ちの上でのレパートリーが多い。
→やりたい事を出来なかった無念がある。
 →妹は、結婚していて、年を召してから亡くなっている。


○マイナス思考

茉奈さんのマイナス思考は、今世に持ち込んだ宿題、と美輪さん。
→原因を理解すれば、マイナス思考は直る。
 →前世の思い込みのトラウマを自覚すること。

なぜか涙が流れる茉奈さん。
→理由が分からない。
 →前世の記憶が甦っているから、と美輪さん。

中学の頃に「私、まだ生きてる」と思ったことがある、と茉奈さん。
→そこからずっと、私はすぐに死ぬんじゃないかな、と思って
 しまう。
 →今も数年先の自分が想像できない。
  →強迫観念を引きずっているから、と美輪さん。
   →前世でその先を生きていないから。
    →理解すれば、臆病はなくなる。

そうすれば、お腹の調子も良くなる、と江原さん。
→茉奈さんは消化器のオーラが悪い。
 →精神面の苦労。
  →魂が発する警告。


○守護霊

2人を共通して守っているのは、前世のお母さん、と江原さん。
→前世では、なかなか授からなかった中でできた子供。
 →観音様にお参りして、ようやく授かった子供。
  →信仰深い家族だった。

今の母親は、ものすごく霊能がある、と江原さん。
→妙に勘が働く。
 →3人とも、考え方が似ている。
  →三つ子のような感じ。

亡くなったおじいさんも、2人を守ってくれている、と江原さん。
→前世ではなく、今生のおじいさん。

佳奈さんの守護霊は、若侍。
→自分で男だなぁ、と思うことがある。
 →何でも潔い。
  →和のテイストが強い。

茉奈さんの守護霊は、西洋の女性。
→キリスト教(マリア様)を信仰していた。
 →西洋的な考え方。


○オーラの色

茉奈さんは、青が強い。
→青のオーラは冷静。
 →赤のオーラもある。

佳奈さんは、赤が強い。
→赤のオーラは情熱。
 →青のオーラもある。

お互いに補い合うオーラ、と江原さん。

守護霊さんから茉奈さんにメッセージ、と江原さん。
→大丈夫よ、あなたは愛されるから、とおっしゃっている。

2人は全く違う、と美輪さん。
→「茉奈」と「佳奈」という名前は、画数も同じに付けられた。
 →姓名判断では、流派で画数の数え方が違うため、美輪さんが
  学んだ方法だと違う画数になる。
  →違う人間であって当たり前。
   →同じと決め付けるのは止めて、自然体が一番。
| オーラの泉/2009 | 18:55 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |