<< 河島英五さん | main | 倉本聰さん >>
オーラの泉(2009/08/15放送)の「天国からのメッセージ」では、
逸見政孝さんを特集。
スタジオには、長男の太郎さん、長女の愛さんが出演。

○逸見政孝さんのプロフィール

逸見政孝(いつみ まさたか)
生年月日:1945年2月16日
出身地:大阪府大阪市阿倍野区
血液型:B型

1968年、フジテレビに入社。
1984年、「FNNスーパータイム」のメインキャスターに。
1988年、フジテレビを退職し、フリーに。
1993年、ガンを発症、ガン性悪液質により死去。

太郎さんは、2009年1月から情報番組の司会者として活躍。
愛さんは、リポーター・タレントとして活躍中。


○闘病生活

病院では、会話がほとんど無かった。
→痛い、などの言葉は一切無かった。
 →何を考えているのか分からなかった。
  →最後に交わした言葉というのは、コミュニケーションが
   無かったので印象に残っていない。

亡くなる前日、意識が朦朧としている中、いきなり起き上がった。
→突然、司会をしていた番組のオープニングをやりだした。
 →制作の方の名前を呼び上げた。
  →本当に驚いた、と太郎さん。

コミュニケーションを望まない人もいる、と江原さん。
→語って理解し合いたい人と、言わずして想いを通じ合わせたい
 古風な人もいる。


○メッセージ

約10年前に番組で、お母さんにお父さんのメッセージを伝えた
ことがある、と江原さん。
→逸見さんは「太郎のことが心配だ」と言っていた。
 →言い争いをして「家を出て行け」と言った時だった。

逸見さんは「母は母でいて欲しい」と言っている。
→自分はいないけど、男になる必要は無い。
 →もう少し受け入れたり、時間を待ってあげることが必要。


○借金

借金12億円を残した豪邸が残ってしまった、と愛さん。
→母親には、売った方がいいんじゃないの、と何度も言った。
 →母親からは「勝手なことを言うなら出て行きなさい」と
  言われた。
  →家具や内装を父親と2人で決めたため、全部に思い入れが
   ある。

母親は一度は売る決心をしたが、家を見せた時にその人には、
何の思い入れも無いため「こんな人たちに売ってたまるものか」と
思った。
→すぐに不動産屋へ電話し、売らないことにした。

戦前の日本の家庭がそのまま残っている感じ、と美輪さん。
→逸見さんも古風な人、と江原さん。
 →建てた家は西洋住宅だが、城という意識が強い。


○前世

逸見さんの前世は侍。
→母親も前世で、守り刀を差していた。
 →守りには強い家庭。

「だから結婚できないんですか?」と、愛さんが質問。
→逸見さんは「もうじきだね」と言っている、と江原さん。

兄が父代わりになっているところがある、と江原さん。
→愛さんは肝心なことは太郎さんに相談している。
 →何か言ったら真剣に聞いてあげること、と江原さん。
  →太郎さんは、気分にムラがある。
   →疲れている時はいい加減なことを言ってしまう。
    →相談する時は事前予告すること、と江原さん。


○ユーモア

逸見さんは固い人だったが、普段はユーモアたっぷりの人。
→太郎さんも愛さんも、家や仕事場で、ユーモアの部分を
 パブリックに使えば良い、と美輪さん。

2人の活躍は、逸見さんの導き、と江原さん。
→愛さんは、アメリカへで松井秀樹選手のレポーターになった。
 →最初にレポートする日は、父親の誕生日だった。
  →絶対に何かあると想って、すごく安心した、と愛さん。
   →お膳立てだった、と美輪さん。


○自立

逸見さんは、今も二人の真ん中にいる、と江原さん。
→逸見さんは、涙を流している。
 →自分が亡くなって今日まで、色々なものを見てきて、人の裏表を
  この家族、皆が見たんです、とおっしゃっている。
  →でも、ある時に発想を切り替えて、これが自分が残した財産
   だと思うようにした、とおっしゃっている。
   →酸いも甘いも知ることが自分が残せた財産。

今まさに自立できるようになれた、とおっしゃっている。
→これから先は、お父さんの恩恵ではない。
 →太郎さんに、父親役を頼むぞ、ということ。
  →太郎さんは、父親に言われたことは絶対に守る人、と
   江原さん。

お兄さんやお母さんになぜ頼るの、と美輪さん。
→愛さんの結婚は、自分の問題。
 →自分の決定(けつじょう)が足りていない。

愛さんはお兄さんが大好き、と江原さん。
→ブラザーコンプレックス。

もう子供ではないのだから、と美輪さん。
→お嫁に行く時、太郎さんは泣く、と江原さんが予言。

太郎さんは、ユーモアを意識して仕事に活かしなさい、と美輪さん。
| オーラの泉/2009 | 20:03 | オーラの泉 出演者 | スピリチュアルランキング |